教えて!かけいぼ相談室|住宅購入やコロナ禍で貯蓄が激減。どこを見直す?

教えて!かけいぼ相談室

相談者:Eさん(熊本県在住)

夫33歳(会社員)、妻37歳(会社員)、長女6歳、次女3歳

Q. 住宅購入やコロナ禍で貯蓄が激減。どこを見直す?

3年前に築37年の中古住宅をリフォームし、2600万円のローンを組んで購入しました。

 結婚後、新生活準備や自動車(仕事用)購入、奨学金の繰り上げ返済などで預貯金を使い果たしてしまい、手元資金がほぼゼロに。

 また、今回のコロナ禍で夫が転職することになり、なかなか貯蓄ができていません。

 今回の相談のためにいざ家計簿を記入してみると、計算上は黒字家計ですが、実際は赤字家計になることも多く、突発的な交際費や日用品に使っているのだと思います。

 妻(私)保険のうち2万5000円は外貨建ての変額個人年金、子ども保険も1万円は夫名義の外貨建て保険で、学資保険代わりです。

 住宅は、リフォームしたとはいえ中古ですので、今後の補修費を用意しなければなりませんし、現在の自家用車も8年目になるので、そろそろ買い替えを検討しなければなりません。

 貯蓄を殖やすには、どこを見直せばよいでしょうか?給与などが振り込まれる普通預金口座は残高がほぼゼロの状況で、手元にお金がほとんど無いことを心配しています。

A. やりくりで月2万9000円の貯蓄増は実現可能

使途不明金一掃、買い物ルール決めなどに挑戦。習い事も見直しては

 コロナ禍による減収が、ひとまず止まったようで、よかったですね。家計簿で把握できた支出のほかに、月1~2万円の使途不明金があるようなので、それを一掃しましょう。

ローンや光熱費、通信費、保険料など預金通帳に記録がある支出は、そこから転記したのでしょう。小遣いなどの月ぎめ支出も、正確に把握できているはずです。

使途不明金は、食費・雑費、日用品費など、日々お財布から出ているのでしょうね。これを抑えるには、予算を立て、それ以上使わないようにする必要があります。

食費と雑費がひとくくりなのは、スーパーマーケットなどでレシートが一緒だからでしょう。買い物は2日に1度、レジかごに入れるのは4000円まで、といったルールを決めてください。できあいのおかずやおやつの購入が多いなら、土日にまとめづくりしてホームフリージングするなどで、月1万円のコストカットができそうです。

 雑費を別途計上しているのに、日用品費に2万円は使いすぎでは? 支出を細かく記録し、月予算1万円でのやりくりに挑戦しましょう。

交際費は、百貨店友の会の積み立てでもらえる買い物券を充てているとか。突発の交際費には、月5000円ずつストックして備えることをおすすめします。

 以上のやりくりで、月2万9000円の貯蓄増が実現します。学童保育に通う長女の習い事も、適性を見極めて1つ減らし、2つに絞りませんか? 貯蓄だけでなくあなたの時間的ゆとりも増え、心の豊かさを実感できるようになると思います。

回答者 高橋伸子さん

生活経済ジャーナリスト。長年にわたり国の各種審議会委員を歴任。

消費者の声を国や企業に届ける活動にも注力。

相談者募集!家計の悩みを解決してもらいませんか

かけいぼ相談 家計の悩みを解決してもらいませんか

あなたの家計も高橋伸子さんにズバッと診断してもらいませんか。
1カ月の収支、家計状況と質問を書いて投稿フォームから応募を。

相談内容(保険、ローンなど)に関するデータは詳しく。
確認のため電話番号は必ず明記してください。

採用者には商品券2000円分を進呈。

転載元:

「リビング北九州・熊本・かごしま」2021年7月3日号掲載

タグ
  • 暮らし