暮らす

「掃除のしやすい部屋」はどうつくる?デザイン・素材・機能性・アイデアをご紹介!

忙しい毎日でも、部屋はいつでもすっきりと綺麗な状態にしておきたい…そう願う方は多いのではないでしょうか。もし、いつも掃除を始めるのが億劫になってしまう…とお悩みなら、部屋づくりを工夫して「掃除のしやすい環境」に整えてみてはいかがでしょうか。今回は、掃除のしやすいデザインや素材、機能性などにフォーカスしたインテリアのポイントをご紹介します。

>>マイホームのこと気になりだしたら♪

「デザイン・素材・機能性」に注目!掃除のしやすい部屋づくりのポイント

掃除のしやすい部屋は、どのような空間なのでしょうか。ここでは、家具のデザインやインテリアに使用されている素材、機能性などに注目して掃除のしやすい部屋づくりのポイントをご紹介します。

モノを減らしてすっきりと

部屋を整える第一歩は、モノを減らしてできるだけ床を多く見せること。不要なモノが溢れた部屋では、ホコリや汚れが溜まりやすいだけではなく、モノを避けながら掃除をしなければならないため非効率になってしまいます。

また、床を多く見せることで部屋がより広く感じられるという効果も期待できます。部屋が狭く感じる…と気になる時には、家具を部屋の端に寄せる、背の低い家具を意識して置くなど工夫してみてはいかがでしょうか。背の低い家具であれば、無理な姿勢にならずに隅々まで手が届きやすいため、お手入れもしやすくなるでしょう。

適切な「収納スペース」を確保する

モノを減らしたくても減らせない…という場合は、リビングダイニングなど人やモノが集まる場所の近くに大型収納スペースを確保しておくと、綺麗な状態を保ちやすくなります。こちらの写真のように、ウォークインクローゼットであれば家族の衣類だけでなく、トラベルグッズ、日用品のストックや掃除道具などさまざまなモノをたっぷりと収納することができます。

モノの分量に合わせて適切な収納スペースを設けることで、どこに何があるのか把握しやすくなるだけでなく、掃除のしやすいすっきりとした居室を保ちやすくなります。

掃除のしやすい家具のデザインは?

掃除のしやすい部屋に整えるなら、家具のデザインにもこだわりたいところ。お手入れのしやすさを重視するのなら、複雑なデザインではなく、凹凸の少なく風通しの良い軽やかでシンプルなデザインの家具がおすすめです。ホコリなどが溜まりにくく、さっと拭き取りやすいデザインなら、その周辺も汚れづらくなることでしょう。

家具の周辺をこまめに掃除したい場合は、キャスター付き家具を選ぶのもよいですね。移動もしやすくさっと掃除ができるため、効率アップにつながります。

掃除がしやすい素材は?

汚れが溜まりやすいキッチンや浴室などは、素材にもこだわると掃除のしやすさにつながります。下記の点をポイントに選んでみましょう。また、換気通風も水回りを綺麗な状態に保つための大切なポイントに。換気扇を使ったり、窓を開けて新鮮な空気を取り入れたりすることで、室内の湿気を逃がしてカビの発生を防ぐことにもつながります。

・キッチンは、耐久性に優れお手入れしやすいステンレスがおすすめ。キズが付きやすいため、気になる場合はキズ防止加工が施されたタイプを選ぶとよいでしょう。また、水アカも目立ちやすいため、濡れたらこまめに拭き取るよう意識してみてください。

・浴室は、カビや皮脂汚れなどしつこい汚れが付きやすい場所です。撥水、防汚加工が施された浴槽や壁素材、水はけに優れた床材など、各メーカーで研究開発されている機能性素材を取り入れることで、日々の掃除がしやすくなることでしょう。

空気清浄機などを取り入れるのも◎

空気清浄機は、花粉や微小な粒子、有害な化学物質、臭いなどを吸収して部屋の空気を綺麗にしてくれるアイテム。ホコリをキャッチしてくれる効果も期待できるため、すぐにホコリが溜まりやすい…と感じる部屋に設置してみると掃除がよりしやすくなるかもしれません。

掃除道具を使いやすい場所ににスタンバイ

掃除道具の収納場所をを家事動線につくることで、こまめに掃除がしやすくなります。リビングダイニングの一角の納戸に掃除道具置き場を設置したり、デザイン性の高い掃除道具を見せたまま収納したりして、気になった時にすぐに手に取れるようスタンバイさせておくとよいでしょう。

【部屋別】掃除がラクになるワンポイント

リビングダイニングは常にすっきりと

毎日、数分だけでもよいので、リビングダイニングに散らかったものを元に戻す程度の片付け習慣をつけましょう。特にダイニングテーブルの上はモノが集まりやすいため、「常にモノがないすっきりとした状態を保つ」ことを意識してみてください。こうすることで、掃除がぐっと簡単になりますよ。

寝室のベッドファブリックを整える

毎朝ベッドファブリックを整える習慣をつけることで、寝室がすっきりとした印象になります。ベッド周りにも家具やモノをできる限り置かずすっきりとしたインテリアにすれば、ホコリも溜まりづらくなり掃除がラクになります。

子供部屋は使いやすい収納が鍵に

お子さんが自分で整理整頓ができ、それを守ることができるシンプルな収納方法を取り入れましょう。たとえば、おもちゃなどを1箇所に集められる収納ボックスを設置する、通学バッグや制服などを掛けておくフックを壁面に設置するなど、「戻す場所」が明確になるように工夫すると、モノが散らかりづらくなり掃除のしやすさにつながります。

掃除が楽しくなる、すっきりとした部屋に

掃除をするために、毎回時間をかけて片づけをするとなりと億劫になってしまうもの。予めモノを減らしたり、モノを元の位置に戻せる収納の仕組みをつくったりしてすっきりとした状態を保てば、掃除がしやすくなります。また、掃除のしやすい素材、機能にこだわって内装や家具などを選ぶことで、綺麗を実感しやすくなり掃除も楽しくなることでしょう。あなたもぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

>>マイホームのこと気になりだしたら♪

PR ご来店はネット予約がオススメ!
PR

" 暮らす"の記事をもっと見る

"住まい "の記事をもっと見る