暮らす

福岡の梅雨入り・梅雨明け相場|平均的な梅雨の期間はどれくらいか解説

福岡(九州北部)の梅雨入り、梅雨明けの目安を解説します。
福岡(九州北部)の梅雨入りは平年6月4日、梅雨明けは7月19日ごろです。福岡(九州北部)の梅雨は梅雨前線の勢いが強く、大雨になる傾向にあります。
また近年「線状降水帯」による大雨の被害にも注意しなければなりません。

今回は、福岡の梅雨入り・梅雨明けの目安と、平均的な梅雨の期間はどれくらいかを最新の気象庁のデータをもとに紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

福岡(九州北部)の平年の梅雨入り・梅雨明け時期

福岡の平年の梅雨入り時期は6月4日ごろ、梅雨明け時期は7月19日ごろです。福岡の梅雨入りは、福岡管区気象台から発表されています。

梅雨とは、季節が春から夏へと移り変わるときに、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。

梅雨の入り明けには、平均的に5日程度の「移り変わり」の期間があります。

気象庁では梅雨を「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる期間」と定義し、季節が移り変わる中で現れる季節現象の一つとして捉えています。

「今日から梅雨」「今日から梅雨明け」などとある1日を特定することは難しく、移り変わりの期間があることから、梅雨入り・梅雨明け日の末尾に「ごろ」と付けています。

福岡(九州北部)の過去20年間の梅雨まとめ

福岡(九州北部)の過去20年間の梅雨をまとめました。

下記でご紹介する福岡(九州北部)の過去20年間の梅雨入りと梅雨明け期日は、移り変わりの期間のおおむね中日の記載です。

梅雨入り時期は例年、5月下旬から6月上旬ごろ、梅雨明け時期は7月中旬から7月下旬ごろです。

梅雨入り時期

梅雨入り時期

2003年

6月9日ごろ

2004年

5月29日ごろ

2005年

6月10日ごろ

2006年

6月8日ごろ

2007年

6月13日ごろ

2008年

5月28日ごろ

2009年

6月3日ごろ

2010年

6月12日ごろ

2011年

5月21日ごろ

2012年

5月30日ごろ

2013年

5月27日ごろ

2014年

6月2日ごろ

2015年

6月2日ごろ

2016年

6月4日ごろ

2017年

6月20日ごろ

2018年

6月5日ごろ

2019年

6月26日ごろ

2020年

6月11日ごろ

2021年

5月11日ごろ

2022年

6月11日ごろ

梅雨入り時期とは、梅雨の期間に入る時期のことです。数日から1週間程度の天候の予想にもとづき、地方気象台が発表します。

福岡(九州北部)の梅雨入り時期は、5月下旬から6月上旬ごろです。

梅雨入り発表の目的は、雨が降りやすい時期になると、大雨による災害が発生しやすくなるため、防災のため注意喚起することです。

梅雨明け時期

梅雨明け時期

2003年

7月31日ごろ

2004年

7月11日ごろ

2005年

7月17日ごろ

2006年

7月26日ごろ

2007年

7月23日ごろ

2008年

7月6日ごろ

2009年

8月4日ごろ

2010年

7月17日ごろ

2011年

7月8日ごろ

2012年

7月23日ごろ

2013年

7月8日ごろ

2014年

7月20日ごろ

2015年

7月29日ごろ

2016年

7月18日ごろ

2017年

7月13日ごろ

2018年

7月9日ごろ

2019年

7月25日ごろ

2020年

7月30日ごろ

2021年

7月13日ごろ

2022年

7月22日ごろ

梅雨明け時期とは梅雨の期間が終わることで、数日から1週間程度の天候の予想にもとづき、各地方予報センターが発表します。

九州北部の梅雨明け時期は、7月中旬から7月下旬ごろです。

福岡の梅雨時期の降水量や気温

福岡の梅雨時期の降水量や気温

降水量

(2022年6月合計)
138.5mm
(2022年7月合計)
105.5mm

最高気温

(2022年6月)
28.7℃
(2022年7月)
32.8℃

最低気温

(2022年6月)
21.9℃
(2022年7月)
26.1℃

梅雨時期の降水量は、ほかの月と比べて多くなりがちですが、とくに近年「線状降水帯」といわれる、積乱雲が同じ場所を通過、停滞することで大雨を降らせる現象が起きており、注意が必要です。

また梅雨時期は、気温も高くなってきます。気温とともに湿度も高いため、湿度が低い時よりも暑く感じます。

これは湿度により汗が蒸発しにくくなっているためです。汗が蒸発しにくいと体に熱がこもります。気付かないうちに熱中症を引き起こす危険性があるので、注意しましょう。

九州(福岡)の梅雨の特徴

九州(福岡)の梅雨は梅雨前線の勢いが強く、例年大雨になる傾向が強いです。

一時的に強い雨が降るスコールと違い、長時間降り続けます。局地的な大雨も降るため注意が必要です。

梅雨前線は、オホーツク海気団と小笠原気団とで形成されますが、九州(福岡)などの南日本は、さらに熱帯モンスーン気団の影響も受けるため、大雨になりやすいです。

梅雨明け後は日差しが強く気温も上がり、暑さ指数*が高くなります。熱中症による救急搬送者も増えるので、注意が必要です。

*暑さ指数は、熱中症を予防することを目的として、1954年にアメリカで提案された指標のこと。詳しくはこちら(環境省熱中症予防情報サイト

梅雨に関して知っておくべきこと

梅雨に関して知っておくべきことは下記2つです。

  • 平均的な梅雨の期間・時期

  • 梅雨入り・梅雨明け時期の決定方法

それぞれ詳しく説明します。

平均的な梅雨の期間・時期

平均的な梅雨の期間、時期は、1か月から1か月半ほどです。梅雨が明けると晴天が続きます。

梅雨入り後、梅雨前線は、九州、近畿、関東甲信、東北地方へ、帯状の雨雲を南北に移動させながら、3か月ほどの時間をかけてゆっくり北上します。

おおよそ40日程度の梅雨が終わると、南の地方から梅雨明けとなります。

北海道は梅雨前線の影響を受けづらいので梅雨はありません。

ただし、梅雨の時期に前線の影響を受け、北海道の南半分の地域で小雨が降ったり、くもって肌寒い日が続く「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」と呼ばれる現象があります。

梅雨入り・梅雨明け時期の決定方法

梅雨入り、梅雨明け時期の決定方法は、確定日ではなく、移り変わりの時期5日間の中日を梅雨入り日としています。

梅雨入りは、今までの天候とその先一週間の予報をもとに、雨や曇りの日が多くなり始める頃を梅雨入りとして「○月△日頃、梅雨入りしたとみられます」という形で発表されます。

具体的に「雨がどの程度降ったら」といった基準はとくにありません。

また梅雨明けは、梅雨前線が日本付近になくなり、くもりや雨の日が多い天候から、晴れて暑い夏の天候へと季節が変わる頃のことを指します。

福岡の梅雨情報まとめ

福岡の梅雨入りは5月中旬から6月上旬ごろ、梅雨明けは7月中旬から7月下旬ごろです。福岡の梅雨は梅雨前線の勢いが強いため、大雨になる傾向があります。

平均的な福岡の梅雨の期間は1か月から1か月半の40日ほどです。梅雨時期の決定方法は確定日ではなく、天気の移り変わりの時期5日間の中日を梅雨入り日としています。

梅雨時期は湿度が高く汗が蒸発しにくいため、熱中症になりやすく注意が必要です。

PR ご来店はネット予約がオススメ!
PR

" 暮らす"の記事をもっと見る

"住まい "の記事をもっと見る