暮らしに役立つ

【カードローン】申込時の在籍確認とは?必要な書類や注意点などを徹底解説

カードローンを申し込む際は、在籍確認が行われることが一般的です。お金を借りたいものの、在籍確認とはどんなものなのか不安を感じている人は多いのではないでしょうか。今回は、在籍確認の概要や注意点などについて紹介します。カードローンの利用を検討している方は、参考にしてみてください。

>>西日本シティ銀行なら、3タイプから選べるカードローン

カードローンでは何を審査される?

まずはカードローンでは何を審査されるか、それぞれの項目を確認していきましょう。

信用情報

信用情報とは申込者のこれまでのお金に関する情報です。これを確認することで、借り入れ後にきちんと返済できるかを審査します。信用情報機関に登録された、以下のような内容を確認しています。

信用情報の確認事項

  • 過去の返済の延滞の有無

  • 今の借り入れ件数と金額

    これらの項目で問題があった場合、審査に通過できない可能性があります。過去の借り入れの完済や、借入希望額の見直しを行いましょう。

職業や勤続年数

審査においては職業や勤続年数で返済能力の有無が判断されます。法律などによる規定がないため、カードローンを取り扱う金融機関によってその判断基準はさまざまです。

一般的に、安定した職業に長く就いている人は返済能力が高いとみなされ、審査に通過しやすいでしょう。逆に不安定な雇用形態で働いている人、勤続年数が短い人はそうでない人に比べて不利となる傾向があります。万一、虚偽の報告をすると詐欺とみなされる場合もありますので、申込時は正しく現状を報告しましょう。

収入

返済できるだけの十分な収入があるかを確認します。申し込む際には収入についても職業や勤続年数と同様で虚偽なく報告しましょう。

カードローンの申し込み時の注意点

カードローンを申し込む前に、以下の点に注意しておきましょう。

時間の余裕を持って申し込む

カードローンの審査が完了するまでは、借り入れができません。そのため、時間の余裕を持って申し込むようにしましょう。

会社の休業日を挟む場合、審査に想定よりも日数がかかることもあります。指定書類の用意に時間がかかってしまう可能性も考えられるため、早めの準備が大切です。

カードローンの在籍確認とは?

在籍確認について説明します。在籍確認とは、申込者本人が申告した会社で本当に働いているか、会社に電話をして申込者が在籍しているかどうかを確認するものです。

カードローンの在籍確認の流れ

カードローンの在籍確認は、以下の流れで行われることがほとんどです。

どのタイミングで在籍確認が始まり、電話がかかってくる可能性があるのかを確認しておきましょう。

カードローンの申し込みをする

まずは、申込者がカードローンの申し込みをします。申し込み方法にはインターネットや店頭、電話などがあるため、自分に合ったものを選びましょう。

申し込み時には、実際の状況と違いがないように必須項目を記入してください。記入内容と提出書類に違いがあると、審査に時間がかかることがあります。

>>西日本シティ銀行なら、3タイプから選べるカードローン

本人確認書類を提出する

必須項目の記入が完了したあとは、本人確認書類の提出に進みます。以下のような本人確認書類が必要になります。

審査に必要な本人確認書類

  • 運転免許証

  • マイナンバーカード

  • 住民票の写し など

必要になる本人確認書類は金融機関によって異なるため、申し込み前に確認しておきましょう。場合によっては、「発行が直近3ヶ月以内の書類」や「収入を証明する書類」などの提出が必要なこともあります。いずれの書類も不備なく提出できるよう、準備を進めましょう。

審査が行われる

申込者の申告内容をもとに、審査が始まります。

在籍確認は、この審査の過程の1つです。

勤め先に在籍確認の電話がくる

一般的な在籍確認は、会社に電話をして申込者が在籍しているかどうかを確認するものです。自分自身が会社にいる時間に電話してくれる金融機関もあります。また勤務先に電話をかける方法が一般的ですが、指定の書類提出だけで在籍確認が完了するケースもあります。事前に確認してみましょう。

電話による在籍確認は、カードローンを提供する金融機関からの連絡であることがわからないよう配慮してくれることがほとんどです。不安な場合は、申し込む金融機関の在籍確認方法を事前に調べておきましょう。

【カードローンの在籍確認の必要書類】

電話ではなく書類での在籍確認の場合では、以下の書類の提出を求められることが多いです。

在籍確認に必要な書類

  • 健康保険証

  • 給与明細

  • 源泉徴収票

  • 社員証の写し

  • 雇用契約書

  • 在籍証明書

金融機関によって指定の書類は異なるため、申し込む前によく確認しておきましょう。不備なく提出が完了し、問題がなければスムーズにカードローンの利用を開始できます。

なお、派遣社員として働いている場合は、派遣先ではなく派遣元の申告が必要です。自営業者の場合は、確定申告書などの書類提出を求められることもあります。

審査結果が連絡される

審査が完了すると、金融機関から結果が連絡されます。審査で問題がなければ、すぐにカードが発送され(カードレスの場合は利用開始通知が送られ)、利用できるようになるケースがほとんどです。書類に不備があったり休業日を挟んだりした場合は、数日かかることもあります。

カード受取・利用の開始

審査結果の連絡後、金融機関からカードが送付されます。受け取って、利用を開始しましょう。※最近はカードレスのケースもあります。

いつから借り入れが開始できるかは、金融機関によって異なります。契約内容によってはカードなしで利用を開始でき、即日借り入れが可能です。いつから借り入れをしたいのかを考え、最適な契約内容を選択しましょう。

>>NCBアプリカードローンはお申込み、審査結果の確認から、ご契約手続きまで全てアプリで可能です。

カードローンの在籍確認がうまくいかない理由

カードローンの在籍確認がスムーズにいかない場合がありますので理由を確認しておきましょう。

電話で在籍確認ができなかった

電話で在籍確認をした際、本人が申告した会社に在籍していることが確認できないケースがあります。確認できない理由としては、「何回かけても誰も電話に出なかった」、「多数の社員・スタッフが働く企業に勤務していて、電話の対応者が申込者のことを知らなかった」等です。

在籍が確認できない場合、融資に時間がかかってしまうので、申告した電話番号が正しいか確認しておきましょう。また、可能であれば、申し込みの際に電話対応可能な時間帯を伝え、会社では取り継いでもらうよう依頼しておくとよいでしょう。

まとめ

カードローンの審査は、申告者に返済能力があるかどうかを確認するための必要事項です。円滑に進めるため、必要な書類を正しく提出する、スムーズに在籍確認の対応を行うなどの点を意識しましょう。

>>西日本シティ銀行なら、3タイプから選べるカードローン

PR ご来店はネット予約がオススメ!
PR

" 暮らしに役立つ"の記事をもっと見る

"お金のいろいろ "の記事をもっと見る