大学生の仕送り額はいくらにすべき?平均相場から見るベストな仕送り費用の考え方

森本由紀

|
2021年3月22日 (月)

大学生への仕送り額をいくらにするか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。相場はどれくらいなのか、何を目安に仕送り額を決めればよいのかといった判断が難しいため、悩むのも無理はありません。そこで今回は、大学生の平均的な仕送り額の相場や、仕送り額を決める際の考え方について解説をしていきます。

大学生の仕送り額の平均的な金額相場は月いくら?

3つの調査からわかる大学生への平均仕送り額(全国平均)

調査1.日本学生支援機構の調査結果

独立行政法人日本学生支援機構の「平成30年(2018年)度学生生活調査」によると、一般的な大学生への年間仕送り額の平均は「119万6,600円」です。12か月で割ると、ひと月あたり「9万9,716円」が大学生の仕送りの平均額です。

ただし、この平均仕送り額は、家庭が支払った授業料も含めた金額となります。

調査2.全国大学生活協同組合連合会の調査結果

全国大学生活共同組合連合会が2019年(令和元年)に実施した「第55回学生生活実態調査」によると、全国の一人暮らしの大学生へのひと月あたりの平均仕送り額は「7万2,810円」です。

調査3.日本政策金融公庫の調査結果

日本政策金融公庫の「2019年(令和元年)度 教育費負担の実態調査結果」によると、自宅外通学者(一人暮らしの学生)への平均仕送り額は、年間「102万3,000円」となっています。12か月で割ると、ひと月あたり「約8万5,000円」が平均額です。

これらの調査結果から、平均仕送り額はおおよそ月7万2,000円~10万円程度と見ることができるでしょう。

【補足】私立・国立・公立の平均学費

先述した通り、調査(1)の仕送り額には、家庭が支払った授業料も含まれます。そのため、学費の高低が仕送り額に大きく影響します。参考として、私立大学・国立大学・公立大学の平均学費を以下に記載します。

区分

国立

公立

私立

平均学費

約242万円

約254万円

約460万円

国公大学と公立大学はほとんど差がなく、私立大学は国立・公立大学の2倍弱の学費であることが分かります。

>>国公立大学の学費はいくらかかる?私立大学との差は?4年間の学費総額平均を徹底比較
>>【福岡】私立大学の学費を徹底比較!入学金・授業料などの費用をチェック

【国立・公立・私立別】平均仕送り額

ここからは、調査1.で参照したデータを元に解説を進めます。

国立・公立・私立の各大学に通う大学生への年間平均仕送り額は下記の通りです(居住形態の違いを含む)。

区分

国立

公立

私立

年間平均

平均仕送り額

95万1,800円

79万2,700円

127万9,100円

119万6,600円

年間平均仕送り額は私立>国立>公立の順となっており、やはり学費が高額な私立大学の仕送り額が、頭ひとつ抜けて高くなっていることが分かります。

【下宿・一人暮らし】大学生の平均仕送り額

下宿や、アパートで一人暮らしをしている学生への平均仕送り額は以下の通りです。

区分

国立

公立

私立

年間平均

平均仕送り額

116万5,300円

99万2,400円

170万5,200円

149万3,600円

他の調査結果と同様に、私立>国立>公立の順で仕送り額が大きいことが分かります。

【学生寮暮らし】大学生の平均仕送り額

学生寮に住んでいる大学生への平均仕送り額は以下の通りです。

区分

国立

公立

私立

年間平均

平均仕送り額

73万6,800円

85万4,800円

147万1,600円

131万7,800円

仕送り額の大きさの順は「下宿・一人暮らし」の場合と同じで、私立大学生への仕送り額の平均が年間平均仕送り額を大きく引き上げています。

また、「下宿・一人暮らし」と「学生寮」の場合の仕送り額を比べると、アパートは学生寮よりも家賃が多くかかる傾向にあることから、仕送り額も大きくなっているといえます。

大学生の生活費&生活費の内訳

大学生の生活費と内訳

大学生の生活費を把握し、仕送り額の参考にしよう

仕送り額の目安として、まずは大学生が生活するにあたって何にどれくらいのお金がかかるのか、生活費とその内訳を知ることが大切です。

実家暮らしなのか一人暮らしなのか、都心の大学なのか地方の大学なのかによって生活費は異なりますので、項目別に生活費と内訳を見ていきます。

【実家暮らし】大学生の生活費

実家暮らしの一般的な大学生の生活費(年間)とその内訳は以下の通りです。

区分

食費

住居・光熱費

保健衛生費

娯楽・嗜好費

その他の日常費

生活費合計

支出額

10万4,900円

-

3万9,400円

15万600円

13万9,200円

43万4,100円

実家暮らしの大学生の年間の生活費合計は43万4,100円、ひと月あたり3万6,175円を支出していることが分かります。

【一人暮らし】大学生の生活費

一人暮らしの一般的な大学生の生活費(年間)とその内訳は以下の通りです。

区分

食費

住居・光熱費

保健衛生費

娯楽・嗜好費

その他の日常費

生活費合計

支出額

28万4,600円

47万1,300円

3万8,200円

15万6,900円

16万400円

111万1,400円

一人暮らしの大学生の年間の生活費合計は111万1,400円、ひと月あたり9万2,616円を支出していることが分かります。実家暮らしの大学生に比べ、住居・光熱費や食費などの生活費が70万円ほど多くかかっています。

【学生寮暮らし】大学生の生活費

学生寮で生活をする一般的な大学生の生活費(年間)とその内訳は以下の通りです。

区分

食費

住居・光熱費

保健衛生費

娯楽・嗜好費

その他の日常費

生活費合計

支出額

25万9,600円

31万9,200円

3万4,000円

12万8,500円

14万7,100円

88万8,400円

学生寮で生活する大学生の年間の生活費合計は88万8,400円、ひと月あたりにすると7万4,030円を支出しています。アパートなどで一人暮らしをするよりも住居・光熱費が抑えられる分、一人暮らしの大学生に比べて生活費が少ない結果になっていると考えられます。

【都内暮らし】大学生の生活費

都内暮らしの大学生の生活費の一例として、早稲田大学生の1ヶ月の生活費とその内訳を見ていきましょう。

参考:早大生はどんな生活しているの?

早稲田大学生(実家暮らし)の生活費

区分

支出額

食費

1万3,270円

住居費

-

交通費

9,260円

教養娯楽費

8,750円

書籍費

1,530円

勉学費

970円

日常費

3,940円

電話代

1,890円

その他

1,390円

貯金・繰越

1万1,400円

生活費合計

5万2,400円

実家暮らしの早稲田大学生の生活費内訳は上記の通りです。1ヶ月の支出合計は5万2,400円で、年間62万8,800円の生活費がかかることが分かります。

早稲田大学生(一人暮らし)の生活費

区分

支出額

食費

3万円

住居費

6万9,010円

交通費

5,700円

教養娯楽費

1万790円

書籍費

2,170円

勉学費

2,170円

日常費

7,440円

電話代

4,870円

その他

2,420円

貯金・繰越

6,920円

生活費合計

14万850円

一人暮らしの早稲田大学生の生活費内訳は上記の通りです。1ヶ月の支出合計は14万850円、年間169万200円と、実家暮らしに比べて100万円以上の生活費がかかることが分かります。

【地方暮らし】大学生の生活費

地方暮らしの大学生の生活費の一例として、秋田大学生の1ヶ月の生活費の内訳を見ていきましょう。

参考:学費・生活費・奨学金制度(秋田大学)

秋田大学生(寮暮らし)の生活費

区分

支出額

家賃

2万円

光熱費

8,400円

食費

1万9,900円

被服費

1万400円

勉学費

8,000円

教養娯楽費

1万100円

雑費

6,600円

合計

8万3,400円

寮暮らしの秋田大学生の1ヶ月の生活費は8万3,400円で、年間100万800円となっています。

秋田大学生(アパートで一人暮らし)の生活費

区分

支出額

家賃

3万5,000円

光熱費

1万円

食費

2万3,300円

被服費

8,800円

勉学費

8,000円

教養娯楽費

1万600円

雑費

6,500円

合計

10万2,200円

アパートで1人暮らしをする秋田大学生の1ヶ月の生活費は10万2,200円で、年間122万6,500円となっています。

都内の大学生に比べると、家賃(住居費)・食費が抑えられているため、秋田大学生の生活費の方が低いことが分かります。

【九州暮らし】大学生の生活費

最後に、自宅暮らし、一人暮らし、学生寮暮らしの3パターンに分類し、九州暮らしの大学生の生活費を見てみましょう。自宅暮らしの九州暮らし大学生の1ヶ月の生活費は6万6,520円、一人暮らしの場合は11万7,750円、学生寮暮らしの場合は10万8,800円となっています。

一人暮らし、学生寮暮らしの生活費は都内暮らしの大学生対比4~5万円ほど低いことがわかります。

 区分

自宅暮らし

一人暮らし

学生寮暮らし

食費

1万1,720円

2万3,730円

2万2,560円

住居費

300円

47,010円

2万5,940円

交通費

9,680円

4,940円

5,270円

教養娯楽費

1万400円

9,970円

1万1,450円

書籍費

1,480円

1,520円

1,640円

勉学費

1,390円

1,950円

2,000円

日常費

6,120円

6,770円

6,570円

電話代

2,360円

3,730円

4,060円

その他

3,040円

3,460円

4,070円

貯蓄・繰越

2万20円

1万4,670円

2万5,230円

支出合計

6万6,520円

11万7,750円

10万8,800円

参考:大学生協事業連合 九州地区 大学生活ハウマッチ(九州版)

ベストな仕送り費用の考え方

ベストな仕送り費用の考え方

目安は家賃+食費分

これまで見てきた仕送り額の平均と生活費を総合的に見てみると、おおよそ「家賃+食費」分が仕送り費用の目安になっていると考えられます。

住居費と食費は生活する上で必須の支出であるため、その分は仕送りをし、他の交際費や衣服費は自分で賄ってもらう、という考え方が多いといえます。

仕送り額は適宜見直してもOK

学生は勉強が本分であるため、アルバイトの時間を過剰に増やさなければいけない状態に陥らせないためにも、最低限必要な「家賃+食費」分の額を仕送りするのは適切な考え方といえるでしょう。

そして「家賃+食費分」を仕送りの目安にしつつ、学業の忙しさや家計とのバランスを取りながら、仕送り額を増やす(減らす)など柔軟に対応するのがおすすめです。親と子どもで話し合いながら仕送り額を決めていきましょう。

まとめ

今回は「大学生の仕送り額はいくらにするべきか」という疑問に答えるため、平均仕送り額や大学生の生活費を細かく見てきました。これらのデータを参考にしつつ、子どもとしっかりコミュニケーションを取りながら、適切な仕送り額を検討いただければ幸いです。

\おすすめ記事/
お金の勉強にオススメの本|お金の基本~応用まで知識が身につく

お金の勉強にオススメの本10冊|初心者でもお金の基本~応用まで知識が身につく

タグ
  • 教育