マンション

マンションのキッチンを快適に。理想の空間に近づける「キッチンリフォーム」のポイント

キッチンは、料理をするために長時間を過ごす場所。使いやすい、動きやすい、居心地のよい空間にしておきたいですね。マンションでも、より暮らしやすさを求めてキッチンリフォームを検討する方は多いのではないでしょうか。今回は、理想の空間に近づける「キッチンリフォーム」のポイントをご紹介します。

>>NCB EZリフォームローンはこちら

キッチンのタイプや種類を知ろう

キッチンは主に、ダイニングスペースに繋がりつくられるオープンタイプ、ダイニングに対面する対面式タイプ、独立したスペースとしてつくられる独立タイプがあります。リフォーム計画をする時には、まずどのタイプを選ぶのか検討しておきましょう。

それでは、さらに詳しく種類をご紹介します。

①I型(壁付けタイプ)

I型と呼ばれる壁付けタイプは、壁沿いにシンクと調理機器が並んだキッチン。平行移動のシンプルな動線で調理できるのが特徴です。

②L型

L型はその名のとおり、コーナー型にシンクと調理器具が配置されたキッチン。調理スペースが広く作業がしやすいタイプです。

③フラット対面型(アイランド)

おしゃれなデザインが人気のフラット対面型、アイランドキッチン。カウンターに段差がなく対面になっているので、コミュニケーションが取りやすいタイプです。ただ、アイランドキッチンの設置にはある程度の広さが必要になります。マンションの間取りでは、キッチンスペースが限られている場合も多いため、実現できる物件は限られるかもしれません。

④セパレート型

シンクとコンロを分けて設置するタイプがセパレート型。限られたスペースを有効に活用して対面式のキッチンが叶います。

このようにキッチンタイプはさまざま。スペースや予算との兼ね合いだけでなく、現代のキッチンスタイルは多彩なので、家族で料理をしたい、ホームパーティを開きたい、などの希望に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

それでは、ここからは快適に使えるキッチンリフォームのポイントを見ていきましょう。

快適に使えるキッチンリフォームのポイント

1.使いやすいスムーズな動線

キッチンの使いやすさを決める大切な要素のひとつが、スムーズな動線です。キッチンの配置は「ワークトライアングル」と呼ばれる、「冷蔵庫」「シンク」「調理機器」を直線で結んだ三角形が基本になりますが、そこに電子レンジなどのキッチン家電もくわえて2、3歩で移動できるのが理想的です。特に、冷蔵庫からシンクまでは近い方がラクに。野菜を取り出して洗い、切って炒める…など、具体的な料理の動きを想像しながら、使いやすいキッチンの配置を決めましょう。

2.使いやすい収納

キッチンは、食材や食品、調理器具や食器など置くモノが多く、雑然と見えてしまいがちな場所。使いやすく十分な容量のある収納を備えておくことが使いやすさのポイントになります。

ただ、キッチンスペースのなかに収納を増やしていくと、作業スペースが減ってしまったり、動きづらい動線になってしまったりすることも。そのためまずはキッチンに置くモノを厳選しシンプルにしておくことが大切です。最近では、キッチンの隣に食品庫として使える小部屋「パントリー」を設けるアイデアも浸透してきました。キッチンを常にすっきりとさせたい、食品ストックや調理器具、食器などがどうしても減らせない、という方は検討してみてはいかがでしょうか。

3.掃除のしやすい素材

キッチンは、水や油などが飛び散りやすくどうしても汚れてしまう場所。そのため、こまめに拭き掃除がしやすい素材、形状のキッチンを選ぶことがきれいを保つコツです。

特殊コーティングが施されたキッチンパネルタイプの壁材、ステンレスやセラミックなど汚れが染み込みにくい 素材を選ぶなど、インテリアの好みの使い勝手を合わせて選んでみてください。

4.コンセントの数

キッチン家電の数は、以前に比べて格段に増えています。冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器など基本となるキッチン家電のほかにも、食洗機やコーヒーメーカー、ブレンダーやミキサーなどさまざまな種類があります。これらを日々使うご家庭では、現状のままのコンセントの数ではどうしても足りなくなることも。

リフォームやリノベーションを行う際には、頻繁に使用するキッチン家電に合わせて電気回路の見直しが必要になってきます。また、電子レンジや食洗機など水を使用する電気機器は、「接地極付コンセント」という、アースピンが付いたコンセントを使用することが義務付けられています。リフォーム会社と相談をしながら、どのようなタイプのコンセントをどこに設置するのかを決めていきましょう。

5.好みの色、デザイン

キッチンが好みの色やデザインで彩られているかどうかは、住む人が快適に感じられるかの重要なポイントになります。

どれほど使いやすい設備が整ったキッチンでも、好みではない色やデザインだと心からお気に入りの場所にはならないもの。主に料理する人の背丈に合わせた高さのワークトップ、気分が上がる色やデザインなど、妥協せずしっかりと理想と照らし合わせながら選びたいですね。

どのようなキッチンが好みなのか分からない場合は、キッチンリフォームのショールームなどに足を運んで、実際に目で見てみることもひとつの方法。カタログなどではわからなかった細部の使い勝手やデザイン、色の見え方、そしてサイズ感などもしっかりと確認できるはずです。

キッチンリフォームで家事をもっと快適に

さまざまなタイプのリフォームがありますが、そのなかでもキッチンはリフォームしたことにより家事が格段にラクになったり楽しくなったりと、変化を感じやすい場所です。ぜひ、今回ご紹介したポイントも参考に、あなたの理想のキッチンをリフォームでかなえてはいかがでしょうか。

>>NCB EZリフォームローンはこちら


PR ご来店はネット予約がオススメ!
PR

" マンション"の記事をもっと見る

"住まい "の記事をもっと見る