子どもの知能線(頭脳線)の意味・見方│才能や将来の仕事、いまやるべき習い事も解説

子どもの知能線

「手相」は世界にひとつだけ。あなただけのオリジナルなものです。手相を知ることで、あなたが気づいてない「本当の自分」を知ることができるそう。

算命学や手相学を専門とする「占い師」として活動するとともに、キャリアコンサルタントとして活躍する「美猫(びねこ)」こと富沢理恵さんに「手相でわかる!あなたのイキイキ☆ライフ」をテーマにお話をうかがいました。

今回は、子どもの知能線について丁寧に解説していただきます!

(Go!Go!ワンク編集部)

知能線はどれ?知能線からどんなことがわかる?

今回のテーマは、「知能線から観るお子さんの才能」。

感情線が、そのひとの「感情の動き」を表す線であるのに対して、知能線はそのひとの「思考の働き」を表す線です。

「将来どんな仕事に就くとよいのか、その源となる才能はどのようなものか?」

は、お子さんの知能線の中にヒントがあります!まずは、知能線がどの線か、みていきましょう。

知能線は、下図の赤い線です。

知能線はこの赤い線です。感情線と生命線の間にあります。

どうですか?お子さんの知能線、みつかりましたか?

では、次に4つの代表的な知能線をみていきましょう。

タイプ別に解説!子どもの知能線からわかる才能や職業・通うべき習い事

お子さんの知能線どのタイプに当てはまるでしょうか。「図とまったく同じ線」でなくても、大丈夫。近い形のタイプをみてみてくださいね。

知能線タイプ1:効率的・合理的に物事進めることが出来る!忍耐強いので「資格」が必要な仕事に適性あり

知能線のココをチェック

□直線的
□「第二火星丘」に届くほど長い

効率的・合理的に物事進めることが出来る!忍耐強いので「資格」が必要な仕事に適性あり

このタイプの知能線を持つ子どもの才能

「第二火星丘」と呼ばれる部分には「忍耐」エネルギーが詰まっています。
その場所に、まっすぐ届いている知能線。

このタイプの知能線を持っているお子さんは、理知的で合理的。
一度目標を定めれば、コツコツと忍耐強く努力をして着実にゴールにたどり着くことができます。

とても現実的で、物事を客観的にみる能力に優れているので、感情的にならず冷静に状況判断ができます。言語能力、計算能力ともに高いのが特徴です。

このタイプの知能線を持つお子さんの将来の職業

この知能線を持つお子さんは、理論的で冷静。

「ピン!」ときてインスピレーションで動くのではなく、結果から逆算して、いまどう動けばいいのかを冷静に考えることができます。

適職としてあげられるのは、弁護士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士・・などの「士業」です。

「感情・感性」よりも、「知識」と「理論」を駆使するこれらの職業はこのタイプの知能線を持つお子さんに適しています。

その資格を取得するには、かなりの勉強が必要ですが、コツコツ型なので、
一度目標を決めれば粘り強く取り組むことができるはずです!

いま通うべき習い事

「読み・書き・計算」を鍛える習い事がよいでしょう。

実際に学習塾に通わせるのもよいのですが、デジタルに強いので

タブレットを用いるスタイルや、オンライン中心の塾を検討してみてください。

また小学校での必修科目として注目されている「プログラミング」を習える教室も

よいですね。早いうちに「論理的思考」を鍛えておきましょう。

知能線タイプ2:「知」より「情」。感受性が高いタイプ!「感性」を必要とする仕事に適性あり

知能線のココをチェック

□曲線的で丸い
□月丘の半分より下に届いている

「知」より「情」。感受性が高いタイプ!「感性」を必要とする仕事に適性あり

このタイプの知能線を持つお子さんの才能

「月丘」は、精神世界のエネルギー、夢・ロマンが詰まっている場所です。

その場所に曲線を描きながら届いている知能線を持つお子さんは、「知」よりも「情」を大切にします。感受性が強く、ひとの気持ちがよくわかる共感力の高さがあります。感情表現が豊かで感性が高く、独特な物の見方をするので芸術的・クリエイティブな分野で才能を発揮することができるでしょう。

このタイプの知能線を持つお子さんの将来の職業

この知能線を持つお子さんは、感受性豊かな芸術家タイプ。

じっくり考えて動くのではなく、「ピン!」ときてインスピレーションで動くことが多いでしょう。

結果から逆算して、いまどう動けばいいのかを冷静に考えるより、「今、ここで自分が何をしたいか」を優先します。

適職としてあげられるのは、規則や規律のもとに進めるのではく、自分のセンスと感性をもとにできる仕事、クリエイティブな仕事に向いています。

また、ひとの気持ちに敏感で共感力が高いので、対人サービス系の仕事全般にも適性があります。

いま通うべき習い事

五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を刺激し、「感性」を磨く習い事がよいでしょう。音楽、絵画、ダンスや、「様式美」や伝統を大事にする書道、華道、茶道など。

五感に優れているので、オンラインや通信教育ではなく、実際にその場の空気を体感できる先生と直接対面方式の方がよいでしょう。

知能線タイプ3:現実的なこと・精神的なこと 両方できる器用なタイプ!バランス感覚が必要な仕事に適性あり

知能線のココをチェック

□第二火星丘に向かう線と月丘に向かう線の二股に分かれている。

タイプ3:現実的なこと・精神的なこと 両方できる器用なタイプ!バランス感覚が必要な仕事に適性あり

このタイプの知能線を持つお子さんの才能 

「第二火星丘」に届く知能線には、コツコツと忍耐強く努力をして着実にゴールにたどり着くことができる現実的なエネルギーが、「月丘」に届く知能線には、「夢とロマン」の精神的なエネルギーが通っています。

この先端が二股に分かれている知能線を持つお子さんは、「現実的なこと」と「精神的なこと」の両方ができるので、とても器用です。

飲み込みが早く、なんでも器用にこなすのですが、いわゆる「器用貧乏」にならないように「これだけはひとに負けない」という得意分野を決めることが大切になってきます。

このタイプの知能線を持つお子さんの将来の職業

この知能線を持つお子さんは、器用でバランス感覚に長けるので、職業選択の幅はとても広いのが特徴です。

「知」を重視する頭の固いひとたちや、「情」だけで動いてしまう自由人たち、どちらにも柔軟に対応していけるので、様々な分野の人達を総合的にまとめて動かすプロデューサー的な仕事に才能を発揮します。

いま通うべき習い事

どんな習い事でも、目標を立てればそれに到達するまでコツコツやる忍耐強さはあるのですが、なにしろ器用なので、すぐに目標達成してしまうことが多いでしょう。

なので、本人が「コレだ!」と思えるものに出会うまで、敢えて様々な分野の習い事をさせてみるのがよいでしょう。

種々様々なことを経験させることで、持ち前のバランス力・調整力が養われます。

知能線タイプ4:「一業専念」の職人タイプ!得意なことをとことん突き詰める仕事に適性あり

知能線のココをチェック

□途中から急角度で降下する

タイプ4:「一業専念」の職人タイプ!得意なことをとことん突き詰める仕事に適性あり

このタイプの知能線を持つお子さんの才能

手先が器用で、一芸に秀でた才能を発揮する「職人」です。

自分の興味があることに対しては、高い集中力と深い探求心でとことん極めていくでしょう。

その反面、自分の琴線に触れないことには全く興味を示さないので、義務教育の時期、親御さんとしては少し心配に思うことがあるかもしれません。

早めに「得意分野」をみつけてあげて、そこを集中的に強化していける環境を整えることが大事になってきます。

このタイプの知能線を持つお子さんの将来の職業

「手に技」で勝負するいわゆる「職人」と呼ばれる仕事に向いています。

美容師、工芸職人、整体師、カメラマン・・・・etc

「技」を必要とする職業ではあれば、その道で一目置かれる存在になり得ます。

いま通うべき習い事

この知能線をもつお子さんは、「趣味を仕事にできる」と言われます。

なので、小さい頃の習い事は、どのタイプよりも大切になってきます。

最初は、「楽しいから」で始めたことが、のちに職業として成り立つことが少なくないからです。

「手に技」「職人」タイプなので、「知識」よりも「技」の習得を目指す習い事を探してみてください。

子どもの知能線まとめ

いかがでしたでしょうか。

知能線で、才能や向いている職業を観ることができます。お子さんの知能線のタイプを知ることで、将来、職業を選択する時のヒントになります。

手相は世界にひとつだけ、そのひとだけのオリジナルなモノ。

その手相は持ち主の気持ちや身体の状態をいち早く察知して教えてくれる優れモノなのです。

次回も「イキイキ★ライフ」のヒントを手相から紐解いてお伝えしますね。

タグ
  • 手相