【手相】パートナーの感情線を知るだけでイライラが解消されるって本当?

パートナーの感情線を知るだけでイライラが解消されるって本当?【手相占い】

「手相」は世界にひとつだけ。あなただけのオリジナルなものです。手相を知ることで、あなたが気づいてない「本当の自分」を知ることができるそう。

算命学や手相学を専門とする「占い師」として活動するとともに、キャリアコンサルタントとして活躍する「美猫(びねこ)」こと富沢理恵さんに「手相でわかる!あなたのイキイキ☆ライフ」をテーマにお話をうかがう連載記事の第4回。今回は、パートナーの感情線の見方や意味について丁寧に解説していただきます!

(Go!Go!ワンク編集部)

美猫(びねこ)です。これまでもお伝えしてきたように、手相の見方がわかると考え方・生き方が変わるかもしれません。今回は「パートナーの感情線」について詳しく解説しますね。



パートナーの感情線からどんなことがわかるの?

今回のテーマは「パートナーの感情線を知るだけでイライラがなくなる?」です。過去にも「感情線」をテーマに扱いましたが、今回は「自分の感情線」ではなく、「パートナーの感情線」についてお話しますね。

感情線は、「感情の動き」を表します。つまり、パートナー感情線を知ることによって「パートナーの素の状態」を知ることができます。

なので、パートナーに対して抱く

「なんで、いつもこうなの?」

「どうして、何度言ってもわかってくれないの?」

という疑問は、パートナーの感情線を知ることで解消されると考えています。

では、感情線がどの線か確認しましょう。感情線は、下図の赤い線です。

感情線は図中の赤い線です。知能線の上にあります。

パートナーの感情線を確認できましたか?それでは、パートナーの感情線別に解説していきます。

タイプ①:身内が一番!家族を大切にするタイプ

パートナーがタイプ①かどうかはココをチェック!

□曲線的で丸い
□人差し指と中指の間にしっかりと入っている

身内が一番!家族を大切にするタイプ

タイプ①の性質・特徴

人差し指と中指の間にぴったりと入る感情線は、とても愛情深い人によく見られます。

そのぴったりと閉じたところにたくさんの愛情が詰まっているのでしょう。

その愛情は「身内」あるいは「自分が身内だと思う人」に注がれます。

したがって、この感情線を持つパートナーは、あなたや家族のことを一番に考える「心優しく頼れる人」と考えてよいのではないでしょうか。

あなたがタイプ①のパートナーに感じるイライラポイント

優しくて頼りがいのあるパートナーなのですが、
・ちょっと口うるさかったり…
・先回りしてやってくれるのはいいが、それが自分にとっては余計なことだったり…

といった不満を感じるシーンがあるのではないでしょうか。

例えば、あなたがひとりで出かけるとき…

「誰と一緒?何時に帰ってくるの?」

「雨が降りそうだから、傘を持っていったほうがいいよ」

「今日は肌寒くなりそうだから、薄手のカーディガンを持っていった方がいいかも」

と、「まるで実家の母親?!」と思ってしまうくらい心配をしてくれることはありませんか?それはとてもありがたいことではある一方、言われ過ぎるように感じたときに

「わかってるって!!」

とついイライラしてしまうこともあるかもしれません。

タイプ①に対して、こうすればイライラ解消!

先回りしてパートナーの不安を解消する

このタイプの感情線を持つパートナーは、

「身内が大事」

「自分が居ないところで大事な身内が困ったら大変だ」

「自分が居なくても困らないように準備させなければ!」

と考え、口うるさくなってしまっているケースが多いようです。

したがって、パートナーが感じる不安を先取りして解消することが大事です。

「今日は○○ちゃんと久しぶりにご飯に行ってくる。
帰りは○時くらいになりそうだけど、遅くなるようであれば電話するね」

「天気予報では、雨になるみたいだから折りたたみ傘を持っていくね」

と、パートナーの心配ポイントはどこか想像を巡らせ、先取りし、その対策まで宣言してしまうのです。こうすることで、パートナーは安心できるので、あなたにとって「小言」のように聞こえるコメントも減り、あなたのイライラもぐっと少なくなることでしょう。

とはいえ…、あなたひとりが抱え込んで先回りしてしまうと、パートナーは寂しく感じてしまいます。ここが難しいポイントですね…。時には、パートナーの心配する気持ちに思い切り甘えてみてはいかがでしょうか?そうすることで、パートナーとさらにうまくやっていける可能性が広がります。

タイプ②:自分の気持ちより周囲の「和」を大切にするタイプ

パートナーがタイプ②かどうかはココをチェック!

□曲線的で丸い
□人差し指と中指の間にまで届いていない

自分の気持ちよりも周りが大切なタイプ②の感情線を持つパートナー

タイプ②の性質・特徴

人差し指と中指の間まで到達せず途中でとまっている感情線は、蓄えた愛情を空いている部分から周囲の人に流すので、身内に限らず誰にでも優しいタイプと考えられています。

心優しく頼み事が断れないので、パートナーは「みんなの頼れる存在」です。
しかし、恋人や家族のことよりも、より困っている友人・知人の方を優先させてしまうことがあるでしょう。

あなたがタイプ②のパートナーに感じるイライラポイント

誰にでも優しく「みんなの頼れる存在」のパートナーに対して、

「自分ではなく、より困っている人を優先する…」

という不満を感じる時があるのではないでしょうか。

例えば、あなたと一緒に出掛ける約束をしていたのに、こんな言葉を投げかけられた経験はありませんか?

「後輩が、体調が悪いって早退したから、代わりに残業しなければならなくなった。今日の約束、ごめん!次の休みに必ず埋め合わせするね!」

…どうでしょう。経験がある人もいるのではないでしょうか。

これは、決して、「あなたが大切ではない」ということではないのです。より困っている人・助けが必要そうに思える人の方をつい優先してしまうだけなのです。

パートナーにとって、あなたとのデートのキャンセルは、「プラス」だった部分を「ゼロ」に戻したという認識なのでしょう。一方で「後輩の代打で残業」は、放棄すると「マイナス」の部分が「マイナス」のまま。「それでは、周囲の人も困ってしまう!大変だ!」とパートナーは感じていることでしょう。

パートナーは、「大きなマイナス」が目の前に現れるとどうしても放っておけない、やさしいタイプの人なのです。

 「それはそうかもしれない。でも、デートのドタキャンは、私にとってはゼロに戻るのではなくマイナスだ!」

…そうですよね。ここが両者のすれ違いポイント。では、そんなパートナーにどう接すればイライラを解消することができるのでしょうか。

タイプ②に対しては、こうすればイライラ解消!

あなたとの約束がどれだけ大事か?を認識させる

パートナーと何か約束をするとき、それがどんな意味があって、どれだけ大切かをきちんと伝えてください。

心優しいパートナーは、目先で生じた「大きなマイナス」に目が行ってしまいがちです。それを回避すべく奮闘してはいかがでしょうか。

「あなたとの約束はとても大事。それがなくなったときのマイナスはとても大きい!」

とパートナーが認識すれば、あなたを優先してくれるでしょう。

とはいえ…「自分のことより周囲のことを優先」してしまうのがパートナーの長所。その長所は周囲の人を幸せにする力を持っていることでしょう。パートナーの「他人への優しさ」は、巡り巡ってあなたとパートナーの幸せにつながるかもしれませんね。

タイプ③:独占欲が強いタイプ

タイプ③かどうかはココをチェック!

□人差し指の根本まで届いている

独占欲が強いタイプの感情線はコレ!

タイプ③の性質・特徴

感情線が「支配するエネルギー」が詰まっている場所、「人差し指の根本(=木星丘)」まで届いていると、「相手を支配したい」というエネルギーが流れていると考えられています。

「相手を支配したい!自分のものにしたい!」

そういった気持ちが強いので、「好きになったら命がけ」。

「こうだ!」と思ったら一直線に突き進むエネルギッシュなタイプでしょう。

タイプ③のパートナーに感じるイライラポイント

「好きになったらあなたに向けて一直線」のパートナー。

「私がすることにいちいち干渉してくる…」

という不満があるのではないでしょうか?

例えば、洋服を選ぶとき、

「絶対この色がいい!」

「こっちのほうが絶対いい!」

一緒に出掛けるとき、

「そこは、あまり面白くないから行っても仕方ない!」

「このお店は絶対美味しいから待ってでも行くべき!」

と、あなたの気持ちはお構いなしに、パートナーが考える「あなたにとっていいと思うこと」を押し付けてきた経験はありませんか?独占欲が強いパートナーなので、あなたが大事な存在であればあるほど、こういう特徴が出てきます。

もちろんこれは、「好きになったら命がけ!」という熱い気持ちに由来する言動なのですが…毎日がこれでは息がつまってしまうのではないでしょうか。

タイプ③に対しては、こうすればイライラ解消!

「好きなコト・モノ」に目を向けさせる

「好きになったら命がけ」の彼なので、あなた以外に「好きな」コト・モノが

できると、そちらに一生懸命になり、あなたへの干渉がぐっと減るでしょう。

「でも、特に趣味はないみたいだし…」

という話もよく耳にします。そんな時は、一緒に何かに取り組んでみてはいかがでしょうか?例えば、一緒に料理をしたときに

「とてもおいしい!」「はじめてつくったとは思えない!」「まるでプロ!」

と、やや過剰なくらいに褒めてみましょう。

パートナーはエネルギッシュなので、

「そうか!じゃあ、次はもっと頑張ってみよう!」

と、料理に目覚め、その道を究めるためにエネルギーを使い始めるでしょう。

こうなると、あなただけに集中的に向かっていたエネルギーが分散され、これまでに比べると干渉が過剰ではなくなり、適度な距離感で良好な関係を築けることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。感情線は「感情」が通る道路。パートナーがどのタイプの感情線を持っているかにとって、パートナーがどんな感情を持ちやすいかという傾向を知ることができます。

手相は世界にひとつだけ、そのひとだけのオリジナルなモノです。

その手相はそのひと気持ちや身体の状態をいち早く察知して教えてくれる優れモノなのです。次回も「イキイキ★ライフ」のヒントを手相から紐解いてお伝えしますね。

では、またお会いしましょう。

【PR】

著書:「ビジネス手相」(幻冬舎:刊)

美猫ブログ:https://ameblo.jp/beneko/

フォーチュリングサロン&スクール Beneko:https://www.beneko-office.com/

タグ
  • 手相