福岡の生活費は平均でいくら?《一人暮らし〜家族別》一ヶ月の費用を徹底解剖

福岡の生活費は平均でいくら?《一人暮らし〜家族別》一ヶ月の費用を徹底解剖

一人暮らしや結婚して新生活を始める時は、「生活費はいくらかかるのか、いくらが適正なのか」が気になるものです。特に最近は、給与が上がりにくい時代ですから、なおさらといえます。最終的には本人次第とはいえ、まずは世間の相場を知っておくことも重要です。そこで今回は福岡県に焦点を当てて、さまざまな角度から生活費の実情をお伝えします。

そもそも生活に必要な費用とは?

そもそも生活に必要な費用とは?

まずは、そもそもの生活に必要な費用についてお伝えします。最終的に必要な費用はさまざまですが、基本的な費用は以下の通りです。

  • 誰もが常に必要:家賃・水道光熱費・食費・スマホ代(通信費)など

  • 誰もが時々必要:被服費・日用品代・交通費など

  • 人によって必要:駐車場代・生命保険料・趣味費用・旅費など

考えておくことをおすすめします。そのうえで、収入を考えて最初の新生活をスタートさせると良いでしょう。最初はつつましやかに生活していくことをおすすめします。

なお、結婚して新生活を始める場合は、生活水準や生活スタイルは本人次第ですから、まずは「基本的な生活常識のすり合わせ」が大切です。また今後、子どもが産まれたら出費も増えますから、生活水準には余裕を持たせておくことをおすすめします。

家賃や光熱費は三人家族・四人家族でも同じ?

生活に必要な費用というのは、どうしても大人数で住むほどに高額化していきます。食費や被服費などは人数分必要ですし、部屋は住む人が多いほど広くて割高な家賃のところが必要です。光熱費も微細ながらも使用時間や使用箇所が増え、高まっていきます。

つまり、家賃や光熱費などの生活に必要な費用を考える時は、何人で住むのかがポイントです。今後、三人家族、四人家族になるほど生活に必要な費用も増えますから注意しましょう。

【二人以上の世帯】福岡県の平均生活費は月平均で約28万円

ここからは、福岡県の事情についてお伝えします。まず、平成26年の総務省「全国家計構造調査」によると、福岡県の二人以上の世帯における平均生活費は275,029円という結果です。ちなみに内訳の平均費用は、以下のとおりです。

  • 食費    :66,153円

  • 住居費   :18,732円

  • 水道光熱費 :19,159円

  • 家具・家事 : 9,657円

  • 被服・履物費:10,854円

  • 保険医療費 :12,174円

  • 交通・通信費:45,759円

  • 教育費   :1,413円

  • 教養・娯楽費:24,925円

  • その他の消費:56,204円

なお、全国宅地建物取引業協会の統計では、福岡市中央区のワンルーム平均は45,100円、総務省統計局の「住宅・土地統計調査」では、福岡でもっとも多い家賃帯は4~6万円です。実際の家賃や生活費については、柔軟に考えましょう。

福岡の平均生活費、実は全国平均より低いんです

詳しくは後述しますが、福岡県の平均生活費は全国平均と比べても割安といえます。そして生活費が割安というのは、その分だけ貯金もしやすく、教育費など他のことにもお金を使えるので極めて有利です。

【一人暮らし】福岡県における最低生活費は約16万円

次は福岡での一人暮らしについてです。一人暮らしについては情報が少ないのですが、ひとまず福岡県労働組合総連合の2018年「福岡県最低生計費試算調査結果」によると、25歳の男性で161,660円、25歳の女性で169,945円という結果です。

これに予備費(実質的に貯金)として男性で16,100円、女性で16,900円ほどあれば、福岡県では普通に暮らしていけるという調査結果です。ちなみに女性のほうが若干高いのは、身だしなみなどに男性よりお金がかかると試算されているためです。

【一人暮らし】福岡県での平均生活費は月額平均約13万円!

【一人暮らし】福岡県での平均生活費は月額平均約13万円!

ここからは、別角度で福岡県の事情についてお伝えします。まず、福岡県若者しごとサポートセンターの「就職ガイド」によると、福岡県の一人暮らしの実際の平均生活費は12万5462円です。後述する全体的な統計と比べると、比較的割安な数字といえます。

中でも家賃については、都道府県格付調査によると、福岡県の二人以上世帯の住居費は全国で3位という安さです。意外ですよね?東京と比べれば半額から3分の1程度ということも多いですから、いかに福岡県は賃貸の家賃が安いかが伺える結果になっています。

最もおすすめの家計改善方法は「家賃の削減」

少し余談ですが、「家賃の削減」は多くのFPが最初におすすめする家計改善方法のひとつです。負担感が少なく、毎月確実に生活費を下げられます。

特に最近ではテレワークなどの導入が活発になり、仕事をする場所を選ばなくなってきています。勤務先への通勤のしやすさ以外の要素に目を向けると、いままで候補として考えていなかったエリアも選択肢に加わるかもしれませんね。

福岡県は物価が割安、中でも食品は全国3位!

福岡県は物価が割安、中でも食品は全国3位!

次は、さらに別角度で福岡の生活費について見てみましょう。福岡県若者しごとサポートセンターの「就職ガイド」によると、そもそも福岡は全体的に物価が割安です。全国52都市の平均価格と比べると平均を下回っています。これは嬉しい傾向ですね。

中でも食品、食料物価については、なんと全国3位という結果になっています。福岡は全国的にも有名な食べ物が多くありますが、それらが割安で食べることができるというのは、何とも嬉しい特徴です。家賃と合わせて、大幅な生活費カットも夢ではないと言えます。

また都市部なら十分に鉄道も整備されていますし、「暮らしやすさが自慢できる県」として2015年、2016年に1位に輝いたこともある県です。

産業も充実し、若者起業率は全国1位!

肝心の福岡での収入面が気になる方もいるかもしれませんが、実は福岡県の平均年収は全国平均と比べても差がなく、全国平均が441万円に対して福岡は440万円となっています。十分に産業も充実しており、中でも特徴的なのが「若者起業率が全国21都市中1位」という点です。

東京などで起業すると、家賃や物価が極めて高額ですから、特に開業初期の頃は支払いに苦しむ方もいます。それだけに、福岡の産業面の特徴も十分に納得できる結果です。これから起業を検討している方は、福岡で始めるのも一つと考えていきましょう。

【全国平均】一ヶ月の生活費相場は夫婦29万円、単身16万円

【全国平均】一ヶ月の生活費相場は夫婦29万円、単身16万円

ここからは補足として、全国的な生活費の平均相場についてお伝えします。総務省の2019年「家計調査」によると、最新の一ヶ月の相場は二人以上の世帯で293,272円、単身世帯で158,639円という結果です。あなたの金銭感覚や生活水準と比べていかがでしょうか?

もっとも統計上では、どちらの世帯においても生活水準は少しずつですが下がりやすい傾向です。相次ぐ増税や将来への不安から節約に励む方も増えた結果といえます。

一概には言えませんが、上記の数字より大幅に使ったお金が多い月が増えてきた場合は、節約を意識すべきかもしれません。ひとまず、このような生活費相場についてしっかり知っておきましょう。

【全国平均・世帯の人数別】毎月の平均生活費は?

【全国平均・世帯の人数別】毎月の平均生活費は?

次は、世帯の人数別に生活費の平均相場をお伝えします。「知るぽると(金融広報中央委員会)」の平成28年「世帯人員別標準生計費」によると、以下のとおりです。

  • 1人:115,530円

  • 2人:170,520円

  • 3人:196,470円

  • 4人:222,440円

  • 5人:248,420円

先ほどの統計とは調査の仕方が違いますから数字は大きめに違いますが、こちらも一つの目安といえます。また「一人暮らしか家族がいるか」で、大幅に生活費が違っている点も重要です。同時に、3人目以降の上昇は緩やかという点も大切といえます。

二つの統計結果を合わせると、単身なら「11~16万円」、夫婦なら「17~29万円」が一つの目安と言えます。幅がありますが、だからこそ幅から外れるような生活をしている方は注意が必要かもしれません。あとは、あなたの生活力や年収、ライフプランで生活費を考えましょう。

一人暮らしと夫婦二人暮らし、生活費に大きな違いがある

すべての統計でそうでしたが、やはり「一人暮らしか夫婦二人暮らしか」で、必要な生活費は大幅に変わっていきます。これから結婚する方は、十分に理解しておくべきポイントです。

事実、結婚したからこそ未来を見据えて節約に励む方もいれば、結婚して見かけ上の余裕ができたことから浪費に走ってしまう方もいるのが実情です。結婚する際は、しっかり自分と相手の性格や金銭感覚を見極めましょう。

「平均的」だからこそ将来に対する備えが必要!

「平均的」だからこそ将来に対する備えが必要!

最後に、生活費を考えるうえで大切なことをお伝えします。結論から言えば、「平均的でも安心してはいけない」という点です。目先の家計が気になるのは当然ですが、十分な老後資金を貯めることを視野に入れると、一時的には平均を下回るような生活をする必要があるかもしれません。今回お伝えした生活費をきっかけに、現在・将来について考えてみてはいかがでしょうか。

\おすすめ記事を読む/

お金の勉強にオススメの本|お金の基本~応用まで知識が身につく

お金の勉強にオススメの本10冊|初心者でもお金の基本~応用まで知識が身につく
タグ
  • 福岡
  • 生活