ニュース 暮らす

【全国旅行支援の概要】使い方から期間、GoToトラベルとの違いまで徹底解説!

コロナ禍で落ち込んでいる旅行の需要を喚起するため、政府は「GoToトラベル」や「県民割」などの旅行支援を実施してきました。2022年(令和4年)10月からは、県民割の対象が全国に拡大された「全国旅行支援」を開始しています。本記事では、全国旅行支援の概要と他の旅行支援との違いについて説明します。

全国旅行支援の概要や実施時期は?

>>来店不要のNCBアプリローン・WEB完結ローンについてはこちらへ

全国旅行支援は、観光庁が2022年(令和4年)10月11日に開始した「全国を対象とした観光需要喚起策」としてのキャンペーンです。まずは、全国旅行支援の概要と実施時期について説明します。

旅行代金を40%割引

全国旅行支援は、国が旅行代金の一部を支援してくれるものです。利用者はキャンペーン期間中、一律40%の割引価格で旅行できます。

ただし、割引金額には上限があります。鉄道、航空、バスなどの公共交通機関を利用した旅行商品は1泊8,000円、それ以外は1泊5,000円です。

平日と休日で異なるクーポン券を配布

旅行代金の割引だけでなく、買い物や飲食の際に登録店で使用できるクーポン券が配布されます。クーポン券は1人1泊につき、平日で3,000円分、休日は1,000円分です。平日の方が手厚くなっているのは、旅行の需要を平日に分散させるためです。

平日と休日の定義は?

日帰り旅行の場合には、利用日が土日祝なら休日、それ以外なら平日です。宿泊旅行の場合、宿泊日とその翌日がともに休日(土日祝)なら休日扱いですが、それ以外は平日扱いとなります。

対象となる地域と割引の条件

全国旅行支援は都道府県単位で実施されますが、現在のところ47都道府県すべてが参加しています。日本全域の旅行や宿泊が対象となるので、割引価格で遠方までの旅行が可能です。

ワクチン接種済等の条件がある

全国旅行支援では、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、条件が設けられています。割引を受けるには、以下のどちらかを満たさなければなりません。

  • 新型コロナウイルスのワクチンを3回接種済

  • PCR検査等の結果が陰性

全国旅行支援の実施時期

全国旅行支援は、当初2022年(令和4年)7月に開始予定でした。しかし、同時期に新型コロナウイルスの感染者が急増したため、延期されることになったのです。同年10月11日にようやく開始となり、12月下旬に終了と発表されています。

なお、全国旅行支援の具体的な実施時期等は都道府県によって異なります。開始日については、東京都のみ10月20日でした。終了日は大部分の都道府県で12月20日となっています。
※2022年11月25日 観光庁より12月27日宿泊分まで延長、年明け以降も内容を変更し、観光需要喚起策を実施すると発表。参考:観光庁「全国旅行支援 都道府県連絡先一覧」  

県民割は終了

政府が行う旅行支援事業としては、地域ブロック内の旅行を対象とした「県民割」が実施されていました。全国旅行支援の開始延期に伴い県民割の実施期間は延長されていましたが、2022年(令和4年)10月10日宿泊分で終了となっています。

今後の観光支援策の流れ

全国旅行支援は、県民割と入れ替わりに開始しました。全国旅行支援が終了してから、GoToトラベルが再開される見込みです。今後もしばらくは、政府主導の旅行支援キャンペーンが続くものと思われます。

全国旅行支援の使い方

全国旅行支援を使っての旅行は、簡単に申し込みができます。都道府県ごとのホームページで詳細を確認のうえ、予約サイト等から申し込みしましょう。

都道府県のホームページで確認

全国旅行支援の細かな内容は、都道府県ごとに異なります。まずは、旅行したい都道府県の全国旅行支援事務局ホームページで、予約方法などの詳細を確認しましょう。

参考:観光庁「全国旅行支援 都道府県連絡先一覧」

予約サイト等で申し込む

全国旅行支援を利用して旅行したい場合には、次のような方法で申し込みします。

  • オンライン宿泊予約サイト(OTA)

  • キャンペーンに参加している旅行会社の窓口

  • キャンペーンに参加している宿泊施設

チェックイン時に証明書を提示

全国旅行支援を利用する場合、宿泊施設でのチェックイン時にワクチン接種済証や検査結果を提示する必要があります。本人確認書類も必要なため、忘れずに持参しましょう。

全国旅行支援は県民割とどう違う?

新たに開始した全国旅行支援は、これまでの県民割とどう違うのでしょうか。県民割と全国旅行支援の違いについてみてみましょう。

対象地域が全国に拡大

県民割は2021年(令和3年)4月に開始した観光支援策で、当初は同一都道府県内の旅行のみ対象でした。しかし、2022年(令和4年)4月以降、近隣都道府県を含む「地域ブロック」内の旅行に拡大されました。全国旅行支援ではさらに対象が拡大され、国内全域の旅行が対象となっています。

県民割より割引率は引き下げ

県民割の割引率は最大50%でした。全国旅行支援では、割引率は一律40%となっています。

割引額上限は引き上げ

県民割の割引額上限は5,000円でした。全国旅行支援は交通付宿泊プランが8,000円に引き上げられ、県民割よりお得になっています。

県民割より平日のクーポン券が充実

県民割で配布されていたクーポンは、1人1泊につき2,000円分でした。全国旅行支援では平日3,000円、休日1,000円なので、平日の旅行がますますお得になっています。

割引の条件は県民割と同じ

県民割では新型コロナウイルスの感染症拡大防止のため、ワクチンを3回接種済か検査結果陰性が条件でした。全国旅行支援でも同じ条件が求められています。旅行会社の窓口や宿泊施設のフロントでは、接種済証や検査結果通知書の提示が必要です。

全国旅行支援と県民割の違いは、次の表のとおりです。


全国旅行支援

県民割

期間

2022年(令和4年)10月11日から12月下旬まで

2022年(令和4年)10月10日に終了

対象地域

全国

地域ブロック内

割引率

40%

50%

割引上限額(1泊あたり)

交通付宿泊プラン8,000円

上記以外5,000円

5,000円

クーポン券(1泊あたり)

平日3,000円

休日1,000円

2,000円

割引条件

新型コロナウイルスのワクチンを3回接種済かPCR検査等の陰性証明

新型コロナウイルスのワクチンを3回接種済かPCR検査等の陰性証明

新GoToトラベルの内容は?前回との違いを確認

GoToトラベルキャンペーンは、2021年(令和3年)1月の緊急事態宣言の発令を機に一時停止しています。全国旅行支援の終了後に再開する「新Go Toトラベル」について、予定されている内容をみてみましょう。

前回より割引率は引き下げ

新GoToトラベルでは割引率が前回の35%から引き下げられ旅行代金は30%割引になります。

新GoToトラベルの割引の上限額は、以下のとおりです。

  • 交通付宿泊旅行…1万円

  • 宿泊のみ…7,000円

  • 日帰り旅行…3,000円

クーポン券は全国旅行支援と同じ

前回のGoToトラベルでは、旅行代金の15%分の地域共通クーポンが配布されました。新GoToトラベルも全国旅行支援と同様に平日は3,000円、休日は1,000円のクーポン券を配布する予定です。

感染症対策が割引の条件

新GoToトラベルでは、感染症対策の条件が追加されます。「ワクチンを3回接種済」と「検査結果が陰性」の条件が追加される予定です。

行動履歴の記録等も必要

新GoToトラベルでは、以下の2つが求められます。

  • 旅行中の行動履歴の記録

  • 旅行から2週間以内に陽性になった場合の報告

新GoToトラベルの概要は、次のとおりです。

項目

内容

割引率

30%

割引上限額(1泊あたり)

交通付宿泊プラン1万円

宿泊のみ7,000円

日帰り3,000円

クーポン券(1泊あたり)

平日3,000円

休日1,000円

割引条件

新型コロナウイルスのワクチンを3回接種済かPCR検査等の陰性証明

まとめ

全国旅行支援は、12月下旬まで実施される予定です。全国旅行支援終了後は、中断していたGoToトラベルが再開する見込みです。なお、今後も新型コロナウイルスの感染者の感染状況により、キャンペーンの予定が変更されることも考えられます。国内の宿泊や旅行を考えている人は、最新情報を確認しておきましょう。

参考:観光庁「全国旅行支援 都道府県連絡先一覧」

>>来店不要のNCBアプリローン・WEB完結ローンについてはこちらへ

PR ご来店はネット予約がオススメ!
PR

" ニュース"の記事をもっと見る

" 旅"の記事をもっと見る