女性が陥りがちな婚活疲れとは?5つの原因と対処法を解説します!

結婚を希望して自ら始めた婚活が最近面倒に感じてはいませんか?それは「婚活疲れ」の初期症状かもしれません。そのままにしておくと婚活自体をやめたい…という気持ちに陥る可能性もあります。そうなる前に、婚活疲れの原因を紐解き、対処法を探っていきましょう。

 女性が陥りがちな婚活疲れの原因とその対処法

女性が陥りがちな婚活疲れの原因とその対処法

 婚活に対して嫌な気持ちや面倒な気持ちが芽生える原因として、具体的に何か思い当たることはありますか?

「あの日のあの出来事から、なんだか気分が冴えなくなった…」

など、その心の不調の原因が明確である場合は、その原因についてのみ解決法を考えていくと良いでしょう。

 あるいは、「何が原因かわからないけれど、なんとなく婚活するのがしんどい」という場合もあります。下記に婚活疲れの代表的な原因をまとめていきますので、自分に当てはまるものはないかチェックしてみましょう。

 1)長引く婚活による焦り

婚活がうまくいかない焦りから、いつのまにか婚活疲れに陥っている場合があります。長期間にわたって婚活をしている方は、実際に多くの男性と接する機会は増えているでしょう。それなのに、良い男性と巡り会えない状態が続くのは辛いものです。 

対処法:焦ったときはペース配分を調整する

「一旦、婚活を休んでみる」「婚活のペースを落とす」が挙げられます。少し恋愛をお休みしたり、スローペースな婚活に切り替えたり、まずは婚活への疲れをしっかり取りましょう。

 新たな趣味を始めるのも良いですし、ちょっとした旅行に出かけてみるなど、ご自身の気晴らしになるようなリラックス方法で、しばし婚活から離れてみるのもおすすめです。リフレッシュすることで気持ちがリセットされ、前向きな気持ちで婚活に臨むことができます。

 2)男性と突然連絡が取れなくなった

いいなと思った男性と突然連絡が取れなくなってしまったことが原因で、婚活疲れになってしまうパターンです。前の日まで普通のやり取りをしていたのに、ある日を境に返信が返ってこないとなると、何か落ち度があったのではないかと自分を責めてしまい、不安な気持ちでいっぱいになってしまいます。

 

対処法:音信不通の男性には深入りしない

残念ながら女性がいくら自分の落ち度を自問自答しても、突然連絡が取れなくなった本当の原因は、男性しか知る由がありません。

 

今できる対処法としては、その男性にこれ以上深入りするのをやめることです。反応を得たいあまりに一方的な連絡を続けていると、男性の気持ちはますます離れてしまいます。

 

視点を変えれば、何のやりとりもなく音信不通になるのは明らかに失礼です。体調不良や仕事の都合など、やむを得ない理由があったならば男性から連絡が入るでしょう。しばらく様子をみて何の音沙汰もない場合、単に失礼な男性だと見切りをつけて、別の方とのご縁を期待する方が賢明です。

 3)男性の強引な態度に疲れてしまった

知り合った男性と、SNSでやりとりをしたり直接会って食事に行った結果、すぐに次の約束を取り付けようと迫られたり異常な頻度で連絡がきたりと、女性の気持ちを考えずに強引な態度で接してくる男性もいます。徐々に対応するのが億劫になり、婚活自体が面倒になってしまうのです。

 対処法:困惑していることをはっきりと伝える

一連の言動に困惑していることを、なるべく早く伝えましょう。強引な男性は、自分がやっていることが相手の迷惑になっていると気付いていない場合も考えられます。突然連絡を無視してしまうと、かえって強引さがエスカレートしてしまう可能性もあるため、まずは自分の意思を理解してもらうことが大切です。

 

4)上司など目上の人からお見合いを勧められて断りにくい

婚活期間中、上司からお見合い話を持ちかけられることもあるでしょう。たとえばお見合い相手が自分の好みではなかったとき、目上の人に対してはっきりと断る意志を示すのは難しいもの。自分の気持ちと対人関係の板挟みに悩み、婚活自体に疲れが生じてしまいます。

 

対処法:お見合いを断るときは、「早め」&「謙遜した断り方」を心がける

上司から勧められたお見合いを断りたいときは、可能な限り早めに伝えるのがマナーです。対応を先延ばしにしてしまうと、相手の男性も次のお見合いに進むことができず、上司はもちろん多くの人に迷惑をかけることになりかねません。

 

その際の断り方のポイントは、「謙遜した表現」を心がけること。「自分のタイプではない」と伝えるのではなく、「自分はまだまだ至らない点があり、お相手には釣り合わない」など、へりくだった言い方を意識しましょう。最低限の誠意として相手を傷つけないように断ることが大切です。

 

5)婚活パーティーや婚活サイトの費用がかかりすぎている

最後は金銭的な問題から婚活疲れを引き起こしてしまうケースです。長期間の婚活や、何度もパーティーに参加している場合などは、高額出費は避けられないでしょう。

 

パーティーの参加自体は無料の場合もありますが、それでも服飾品や美容にかけるお金はゼロではありません。「これだけお金を使っているのにうまくいかない…」「婚活に使う予算がオーバーしている」など、金銭的な問題は婚活以外の生活面にも影響を与えてしまいます。

 

対処法:参加回数や予算を決めて金銭関係を管理する

婚活イベントへの参加回数や予算に制限を設けることが効果的です。メリットは出費面だけではなく、「婚活パーティーへの参加は月○回まで」「厳選したイベントのみ参加する」などの制約によって、一つ一つのイベントがより貴重なものになり、今まで以上に積極的に取り組むことができるでしょう。

 

また、「婚活サイトの料金について他社と比較する」など、現在利用している婚活サイト自体を見直してみるのもおすすめです。金銭面に関しては、ご自身で予算を決めてその範囲内のみで婚活をするなど、一定の金銭的ルールを決めておくことが大切と言えます。

 

 男性にも婚活疲れによるストレスはあるの?

男性にも婚活疲れによるストレスはあるの?

仕事との兼ね合いによる婚活疲れ

婚活をしている男性の中にも、やはり婚活疲れに悩む方は多くいます。男性の婚活疲れの主な理由として、「仕事との兼ね合い」が挙げられます。

 

婚活を通じて、知り合った女性とやりとりをしていく中で、仕事の忙しさからなかなか返信できない・予定をキャンセルせざるを得ない場合もあります。仕事という理由が女性に理解してもらえずストレスを感じる男性は多いようです。

 

一般的に、男性は女性よりも、自分の思いをうまく言葉で表現することが苦手とされています。そのもどかしさも婚活自体に疲れてしまう男性が多い一因と言えるでしょう。

 

男性にも婚活疲れがあることを理解しておく

婚活とは、お相手となる人がいて初めて成り立つものです。男性も女性と同じように婚活疲れがあるということは、頭の片隅に入れておきましょう。

 

先ほど、男性による音信不通あるいは強引な態度など、男性からの反応が女性の婚活疲れの原因になりうると解説しました。実はこのとき、男性の方こそ婚活疲れに陥っていて、焦りから少々強引な対応をしてしまったり、本当に仕事が忙しくて連絡できなかったりといったことも十分に考えられます。

 

どうしても自分の辛さ・苦しさに目が向いてしまいますが、「男性の婚活疲れ」を理解しておけば、男性の態度に振り回される心配を軽減できるでしょう。

 

30代~40代の女性は繊細な時期

30代~40代の女性は繊細な時期

 

女性は30代~40代になると、これまであまり気にしなかったようなことがやけに気になったり、周りの友人たちが結婚して母になっていく姿がまぶしく感じたりします。ゆらぎがちな時期であることを認識しておくと、フッと心が軽くなってラクになるでしょう。

 心の不調は、なかなか目に見えて計ることはできません。「最近なかなか眠れず、朝起きづらくなった」「食事が美味しく感じない」など、なにか身体的にも不調が出てきた場合は、健康面の再チェックと同時に心の不調も疑って、積極的に休息をとることをおすすめします。

 

婚活疲れに関するまとめ

婚活疲れの原因となる代表的なパターンを5つ解説しました。

婚活疲れを引き起こす原因は多岐にわたります。原因はそれぞれであっても、婚活疲れと感じたときの対処法としては、しばらく休んでみることをおすすめします。きっと素敵なパートナーに巡り合えると信じて、時には休みながら婚活を進めていきましょう。

タグ
  • 婚活