合格率が公表されていないスタディングの口コミ・評判は?比較的安いFP2級&3級の通信講座

ファイナンシャル・プランニング技能士(通称:FP)はお金のことを体系的に学べる国家資格です。とくに2級は求人数も多く、年間十数万人の方が受験しています。しかし、FP2級は合格率が40%前後とそこまで高くなく、およそ半分の方が落ちてしまう試験です。

なかにはFPの通信講座を受験しようと考えている方も多いと思いますが、気になるポイントとして受講料が挙げられるのではないでしょうか。FPの通信講座における相場は5万~10万円と決して安くありません。しかしそのなかでもスタディングは料金が抑え気味なので、そこそこ勉強に自信がある方にはおすすめです。

今回はスタディングのFP講座について、詳しく解説していきます。

▼あわせて読みたい
FP独学合格!FP3級・2級の独学におすすめのテキスト&勉強法を総まとめ
FP3級の難易度は簡単すぎ?意外と難しい?ファイナンシャルプランニング技能士(FP)3級の難易度と必要な勉強時間

スタディングFP講座の料金とテキスト情報

まずはスタディングFP講座の料金やテキスト情報についてまとめていきます。

通信講座名

スタディングFP通信講座

教材内容

・インプット動画
・スマート問題集
・セレクト過去問講座

添削

なし

質問

なし

料金(税込)

・FP3級合格コース・・・4,950円
・FP2級合格コース・・・29,920円
・FP3級・2級セットコース・・・32,890円

学習期間

約8か月

スタディングFP講座の特徴としては

  • 講座の料金が安くておすすめ

  • スマホでできるオンラインのテキストが充実

  • 不合格者向けの割引サポートも存在

などがあるので、詳しく確認していきましょう。

講座の料金が安くておすすめ

大抵のFP講座は受講料が5~10万円程度と、そこそこなお値段です。

しかし、スタディングにおけるFP講座の場合、FP2級のみであれば29,920円、3級とのセットコースでも32,890円と非常に破格です。

スタディング講座が低価格な理由としては「合格に関係ないことにかかるコスト」を極限まで削除しているからで添削や質問といった制度もありません。

これらのサポートが必要、と言う方はスタディングは向きませんが、あまりサポートは要らない、自分で勉強を継続できると言った自信がある方はスタディングはおすすめの通信講座と言えるでしょう。

スマホでできるオンラインのテキストが充実

スタディングの場合講座申込を終えた段階で即座にスマートフォンで講義動画を試聴したり、過去問演習ができたりします。

スマホ1台でどこでも勉強できるので、通勤・通学・お昼休み・家事育児の合間など、ちょっとした隙間時間を活用して勉強できます。忙しい方には非常に嬉しい形式の教材ですね。

受講申し込み後しばらくしてからテキストが送られて来ると言う事は一切ありません。テキストがない分コストが抑えられており、このことも先ほど触れた低価格であることにつながっています。

不合格者向けの割引サポートも存在

大抵の通信講座では決められた期間内に合格できなければ再受講できず、次年度を受ける場合同じ額の受験料を納めなければいけません。

しかしスタディングの場合、不合格者向け割引サポートも存在しています。

1発で合格できる自信がない方でも安心して受講できますね。

【注意】日本FP協会のAFP認定教育機関でない

スタディングのFP講座は、日本FP協会のAFP認定教育機関ではありません。

受講する通信講座が日本FP協会の認定教育機関である場合、FP3級を飛ばしていきなりFP2級に受験できたり、あわせて民間資格のAFPも取れたりといったメリットがありますが、スタディングではそれらの恩恵が受けられない点は注意しましょう。

あわせて

  • FP2級・FP3級の受験資格

  • FP3級を受ける方は2021年版法改正をチェックしよう

  • 不安ならスタディングの無料セミナー・無料講座を試そう

の観点からも注意しておくとよいでしょう。

FP2級・FP3級の受験資格

FP3級とFP2級の受験資格についても確認しておきましょう。

FP3級の場合、受験資格は「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」です。要するに誰でも受験できます。

一方でFP2級の場合、

  • AFP認定研修の受講修了者

  • 3級FP技能検定合格者

  • FP実務経験2年以上

の内1つを満たす必要があります。

先ほども申し上げた通り、スタディングのFP講座はAFP認定研修に該当しないため、3級から勉強するか実務経験を積むしかありません。

FP3級を受ける方は2021年版法改正をチェックしよう

FPは毎年法改正による試験内容の修正が入ります。

たとえば2020年度の場合

  • 自己都合退職者の給付制限期間の短縮

  • 老齢厚生年金の標準報酬月額の上限改定

  • 自筆証書遺言の補完制度開始

などが挙げられます。

参考:法令・制度改正情報

FP3級は自力で勉強する!と言う方は、これらの法改正も受験勉強前にチェックしておきましょう。

不安ならスタディングの無料セミナー・無料講座を試そう

スタディングではお試し版として、無料講義や無料テキストの利用が可能です。

受講してみたものの「なんか違う」と感じて挫折してしまってはいくら安くても意味がありませんよね。

受講後のミスマッチを避けるためにも、一度無料講座を試してみてください。

無料セミナーはスタディングの公式サイトより受講可能です。

スタディングFP講座の口コミ評判

スタディングFP講座の口コミ情報についても掲載します。

口コミ情報はスタディング公式サイトの合格者の声より引用しています。

はじめはスキマ時間に仕事で役立つ知識が身につけば良いなと思いはじめました。家事の合間や、仕事の休憩時間に利用しました。わかりやすい動画ですぐ理解でき、問題はクイズ感覚でできるので楽しく勉強できました。
会社から資格取得をするよう指示され教材を配布されましたが、わかりづらいのでほとんど使わずほぼスタディングのみで合格させていただきました。
ありがとうございました。

3級をスタディングで合格していたので、2級についても絶対的な信頼が有りました。ただ初めてみると、範囲も広く、時間が足りないことに気づきました。その為『問題を解いて、解説を読む』に絞り、解らない所は講座を聞く方法に変更しました。1単元を1週間掛けて解く、理解が深まって行くと後半では、1日で1単元を解くを、2ヶ月続けて試験に臨みました。また今回は、時間の都合で、過去問が2年分を2回しか出来ていませんでしたが、基本の問題で、大丈夫だと確信出来ていました。仕事と家事の合間での勉強でしたので、『完全合格』を確認した時は、飛び上がりたいほど嬉しかったです。スタディングの皆さま、本当にありがとうございました。

過去業務等により法人のオカネに関する知識がふえてきたものの、個人のオカネに関する知識が薄いと感じたため、FPの勉強を開始しました。

・図を多用してわかりやすく、2倍、3倍でも視聴できる講義
・良問が厳選されており、解説も充実した問題集(解答履歴付)

といったスタディングの機能を使い、効率的に復習することができました。スキマ時間で基本論点を回転する勉強方法を早く確立したことが合格につながったのではないかと考えております。

流し見動画で無意識に知識アップ。
未就学児3人の子育て中ということもあり、勉強時間をガッツリ確保することは不可能でした。だからこそ、短時間で観れる動画がとても役に立ちました。
私は特に皆が寝ている朝ご飯準備中にイヤホンで動画を倍速再生。洗濯物干しながらも動画を倍速再生。この倍速再生が何故だかインプットしやすく、そのあとの数問だけの問題もとても自信を持って回答することが出来ました。
あとはひたすらスキマ時間に問題を解きまくりました。合間合間にしか出来ないので時間はかかりますが、自分の成長を感じることも出来る点数が出るものをよくやっていました。
間違えたところのみノートにササッとまとめ、、を続け、自分の苦手なところがぎっしり詰まった苦手ノートが出来上がりました。試験当日は苦手ノートでしっかり頭に入れて望む事ができました。
育児と家事の合間ではありましたが、だからこそ勉強を楽しめ、充実した時間を送ることが出来ました。FPを勉強し始めた頃は特に目標もなかったのですが、勉強をはじめ、受験し、合格した事で新たな夢も見つけることが出来ました。

といったように、隙間時間を活用して合格できたと言った声がよく見られました。

まとめ:FPの通信講座を安く受けたいならスタディングがおすすめ

今回はスタディングのFP講座について紹介させていただきました。

もっとも注目すべき点はやはり受講料の安さです。とくにサポートは不要で合格に自信があると言う方は、スタディングのFP講座をぜひ試してみてください。

タグ
  • 資格