ハルくんの節約情報!スマホ料金・ドコモ編

「節約したいと思いながら、なかなか手をつけられずにいるのがスマホ料金ではないでしょうか。。。」という書き出しで格安SIMサービスを利用した節約方法について記事を書かせていただいたのが2020年9月のこと。

あれから半年が経ち、また情報を刷新しなくてはならない状況になりました。ドコモ・au・ソフトバンクが従来のプランを値下げし、さらに格安SIMサービスに勝るとも劣らない料金での新プランをスタートさせようとしているからです。

断言します。

2021年、スマホ料金に大変革が起こります!

節約 スマホ ハルさん 

スマホ料金はこれまで"高い"という印象を持つ人の方が多かったと思いますが、このイメージは今年逆転する可能性を大いに秘めています。

今後のキャリア・スマホプランの選び方としては、データを無制限に使えてショップでのサービスも受けたいのであれば、大手キャリアが提供する従来型のプランを。

データは20GB・オンライン手続きができてショップを頼ることなく自分で解決できるのであれば、各キャリアが新設する2980円のプランを選ぶことが可能になります。

どちらのプランが良い悪いということではなく、自分に合ったプランを正しく選ぶということ自体はこれまでと変わりません。

ただ確実に言えることは、数年前のプランのまま使い続けることは損だということ。

今は従来のいわゆる"縛り期間"はなくなる傾向にあり、解約手数料・転出手数料なども0円になりつつあります。

キャリアを変える必要はありません。

が、数年前のプランから最新プランに変更しておくことは、家計的に最優先事項だと思われます。

大手キャリアの新プランがスタートするのは2021年3月予定です。その前に、各社のプランの特長と内容を押さえておきましょう。

docomo ahamo ドコモ

今回はドコモ・ahamo(アハモ)編です。

ドコモとahamo

皆さんご存知のドコモに加え、今年はahamoというブランド(=プラン)がスタートします。

ドコモには、ソフトバンクで言うところのワイモバイル、KDDIで言うところのUQモバイルといったサブブランドがありませんでした。

その安い価格帯の他社プランに対抗するためにドコモが用意したのが『ahamo』です。

ahamoはデータ20GB・5分通話定額が月額2980円(税別)で利用できる格安プランです。

ahamoはサブブランドではなくドコモ内の新プランなので、ドコモユーザーはナンバーポータビリティすることなく変更することができます。

ただし、ahamoは手続きがオンライン限定、申し込みできるのは20歳以上のdアカウント保有者、ショップサービスなしといった注意点があります。

ショップでの対応が必要であれば、ドコモの新プランを選ぶことになります。

新プランに関してもテコ入れが行われ、シンプルでわかりやすい構成になっています。

各プランを解説していきます。

5Gギガホプレミア・5Gギガライト

5Gギガホプレミア・5Gギガライトは2021年4月1日からスタートするドコモの新プランです。

5Gギガホプレミアは従来のプランで存在していたデータ上限・速度制限が撤廃され"5Gでも使い放題"が現実のものとなります。

ライトユーザー向けの5Gギガライトも用意されていますが、ahamoと比較するとプラン内容が劣る上に料金も高いので、あまり選ぶメリットはありません。(※ahamoでは適用されない「ファミリー割引」に対応する点がメリットと言えなくもないですが...)

価格的には安く見える5Gギガホプレミアですが、通話オプションが含まれていない点には注意が必要です。

よく電話する人であれば1700円の完全定額か700円の5分かけ放題オプションへの加入は必須。

また、ドコモ光割自体はありがたいものの、5G使い放題になると"家の光回線が必要なのか"という疑問も生じてきます。

5G使い放題の実現は家のネット回線やモバイルルーターの需要をおびやかしかねないサービスを提供してきたところにドコモの本気度が伺えます。

5Gギガホプレミア

・月額料金⇒6650円(税込7315円)
・データ3GBまでなら5150円(税込5665円)
・データ無制限
・通話料30秒20円
・家族間通話無料
・SMS送信料⇒国内3円?/国際50円?/受信無料
・かけ放題オプション 1700円
・5分通話無料オプション 700円
・dカードお支払い割 -170円
・みんなドコモ割 2回線で500円引き/3回線以上で1000円引き
・ドコモ光セット割 -1000円

こんな人におすすめ

5G通信も利用したい人
5G+4Gのデータ無制限に魅力を感じる人
ショップでのサポートを必要としている人
夫婦・家族利用でみんなドコモ割が見込める人
ドコモ回線がいい人

5Gギガライト

・ステップ1(1GBまで) 3150円(税込3465円)
・ステップ2(3GBまで) 4150円(税込4565円)
・ステップ3(5GBまで) 5150円(税込5665円)
・ステップ4(7GBまで) 6150円(税込6765円)
・ステップ1での上限設定可能
・通話料 30秒20円
・家族間通話無料
・SMS送信料 国内3円 /国際50円 /受信無料
・かけ放題オプション 1700円
・5分通話無料オプション 700円
・dカードお支払い割 -170円
・みんなドコモ割 2回線-500円/3回線-1000円
・ドコモ光セット割 -1000円

こんな人におすすめ

5G通信も利用したい人
ショップでのサポートを必要としている人
夫婦・家族利用でみんなドコモ割が見込める人
ドコモ回線がいい人

ahamo

・月額料金:2700円(税込2970円)
・データ容量:20GB
・データ容量超過後は1Mbps
・5分通話定額付き
・かけ放題オプション:1000円/月
・家族割なし
・4G&5Gネットワーク
・オンライン契約のみ
・新規契約事務手数料:無料
・機種変更手数料:無料
・MNP転出手数料:無料
・契約できるのはdアカウントを持つ20歳以上のユーザー
・20歳未満のユーザーの利用登録は可能
・キャリアメールなし

こんな人におすすめ

5G通信を利用したい人
月20GBあれば十分な人
オンラインでの手続きなどができる人
とにかくスマホ料金を安く抑えたい人

本当の月額料金は?

・5Gギガホプレミア
・5分通話無料オプション
・みんなドコモ割

を加味して計算してみます。

■1人の場合
・5Gギガホプレミアの月額料金が6650円
・5分通話定額が700円
・計7350円/月(税込8085円)

■家族2人の場合
・5Gギガホプレミアの月額料金が6650円
・5分通話定額が700円
・各500円引き
・計6850円/月(税込7535円)
・2人合計13700円/月(税込15070円)

■家族3人~の場合
・5Gギガホプレミアの月額料金が6650円
・5分通話定額が700円・各1000円引き
・計6350円/月(税込6985円)
・3人合計19050円/月(税込20955円)
・4人合計25400円/月(税込27940円)

上記金額からdカードお支払い割やドコモ光割などの割引を組み合わせると、もう少し安くなります。
ただし、5Gプランを利用するにあたりスマートフォンの買い替えが必要な人も多いかと思います。

その場合は端末購入代金を加算して計算してみてください。
データ無制限じゃなくていい人、ネットでなんでも解決できる人ならahamoがオススメです!

ahamoの場合は2970円(税込)×利用者数=月額料金となります。

5G不要な人に向けたプラン

4Gだけでいい人向けのギガホプレミアというプランもありますが、

・定期契約なし・60GBまで 6550円
・定期契約なし・3GBまで 5050円
・定期契約あり・60GBまで 6380円
・定期契約あり・3GBまで 4880円
・容量超過後は最大1Mbps制限
・定期契約ありの場合の解約金は1000円制限

金額を見てわかる通り5Gギガホプレミアとほとんど差はないにもかかわらずデータ上限があるため、こちらのプランを選ぶメリットが見当たりません。

ほぼ同じ金額なので5Gギガホプレミアの方が断然おすすめです。

節約 スマホ ハルさん ドコモ

攻めたドコモ

月額2970円(税込)のahamoの登場には驚きました。

5Gも使えて、データ20GBも必要充分、5分通話定額付き、ドコモ品質なので時間帯による速度制限もなし。これを大手キャリアのサブブランドであるワイモバイルやUQモバイルよりも「魅力的だ」と感じる人は少なくないと思われます。

手続きがオンライン限定ということで多少のハードルの高さはあるものの、その結果、ショップでのサービスが受けられて、データは無制限という5Gギガホプレミアとの棲み分けが明確になりました。

ドコモ回線がいい人にとっては、5Gギガホプレミアかahamo

というわかりやすい2択となりました。ただし、ドコモのプランは松竹梅で言うところ松プラン・梅プランのみであり、竹プランがありません。
ドコモが動いたことで、竹プランを持つソフトバンクがソフトバンク・ワイモバイルのプランを刷新し、ahamoの対抗策としてソフトバンク on LINEを発表しました。

ワイモバイルにはソフトバンクよりも安く、ショップの窓口で手続きできるというメリットがあり、LINEMO(ラインモ)はeSIMに対応するなど、興味深いサービスとなっています。

次回はソフトバンクの新料金プランについて掘り下げていきます。
スマホ料金が面白いことになってきました。

ソフトバンク編はコチラから・・・

■ハルくん 公式HP:https://harulog.jp

タグ
  • 暮らし