北欧風の家具や雑貨はどう選ぶ?お家が愛おしくなる「北欧インテリア」のつくり方

北欧インテリア

ヨーロッパの北部にある北欧の国々は、冬が長く寒さが厳しい地域。おのずと室内で過ごす時間が多くなるため、「お家の中でいかに心地よく、楽しく過ごすか」というアイデアがインテリアにも込められています。

それが、日本でも人気の高い「北欧インテリア」です。

「北欧インテリア」と聞くと何となくイメージは湧くけれど、実際にはどんな特徴があり、どんなアイテムを選べば北欧風に仕上がるかわからない…という人も多いかもしれません。そこで今回は、家具や雑貨選びのポイントや北欧スタイルを楽しむアイデアをご紹介します。

「北欧インテリア」とは?

「北欧インテリア」とは?

デンマーク・スウェーデン・フィンランドなど、北欧諸国の文化や風土に育まれ生まれたのが「北欧スタイル」。厳しい寒さの冬が長いため、家で過ごす時間を心地よく楽しくしたいという想いや工夫がインテリアにも込められています。

北欧では、優れたデザイナーたちにより高い機能性とデザイン性を備えたアイテムが数多く生まれました。いずれにも共通するのは、徹底的にこだわり抜いた「使いやすさ」と「良質なデザイン」。家具や照明、調理器具やテーブルウエアなど、私たちの暮らしに身近なアイテムたちが揃います。

お家をよりリラックスできる空間にしたい…そんな私たちの想いにも通じる、「心地よさ」を届けてくれる北欧インテリア。あなたのお部屋づくりにも、色使いやアイテム選びなどがきっと参考になるはずです。

北欧インテリアをつくるポイントは?

北欧インテリアづくりのポイント①:木の温かみを感じる家具

北欧インテリアづくりのポイント①:木の温かみを感じる家具

木の温かみを感じさせるお部屋にいると、ほっこりとした優しい気持ちになれるもの。北欧インテリアには、内装だけでなく木製家具などで「木の素材」をふんだんに取り入れるのが特徴です。

代表的なのは、ハンス・J・ウェグナーの「Yチェア」や、アルネ・ヤコブセンの「セブンチェア」などの名作椅子たち。シンプルでありながらデザイン性が高く機能的な木製家具は、ひとつお部屋に取り入れるだけで北欧スタイルを演出できます。

北欧インテリアづくりのポイント②:楽しい雰囲気をもたらすファブリック

北欧インテリアづくりのポイント②:楽しい雰囲気をもたらすファブリック

北欧インテリアを気軽に演出するなら、楽しい雰囲気をもたらす「ファブリック」を取り入れてみてください。カラフルでモダンな北欧デザインのテキスタイル。カーテンやクッションカバーなどでプラスすると、お部屋の雰囲気をがらりと変えてくれます。

フィンランドのテキスタイルメーカー「マリメッコ」や「カウニステ」は、日本国内でも人気の北欧ブランド。空間をぱっと華やかにしてくれるデザイン揃いなので、カットクロスをフレームに入れて飾るなど、小さく取り入れるのも素敵です。

北欧インテリアづくりのポイント③:優しく温かみのある照明

北欧インテリアづくりのポイント③:優しく温かみのある照明

自然の光を浴びることが貴重な北欧の国々では、空間を優しく照らす「照明」にも強いこだわりが感じられます。何でも、デンマークは1人当たりのキャンドル消費量が、ヨーロッパで一番多い国なのだとか。それほど、ほのかに優しい光は居心地の良い空間に欠かせないものなのですね。

ルイス・ポールセン社やレ・クリント社など、優れた照明ブランドも北欧から誕生。洗練されたデザイン性と良質な光を両立した暮らしに温もりを届ける灯りは、世界中で多くの人たちを魅了しています。

北欧インテリアづくりのポイント④:小物のモチーフや色づかい

北欧インテリアづくりのポイント④:小物のモチーフや色づかい

北欧の森を思わせる植物や動物などをモチーフにした小物は、お部屋のアクセントにぜひ取り入れたいアイテム。カラフルで遊び心のある小物づかいも、北欧インテリアならではの楽しさです。

リサ・ラーソンのオブジェやムーミンのカップなどを飾れば、インテリアに楽しい雰囲気を運んでくれます。キャビネットの上やミニテーブルなどに、北欧テイストの小さなディスプレイコーナーをつくってみてはいかがでしょうか。

北欧インテリアで、心地よく暮らすお部屋づくり

北欧インテリアで、心地よく暮らすお部屋づくり

洗練された雰囲気のなかに、木の温もりと遊び心をしのばせた北欧インテリア。そんな空間づくりには、特別な日だけではなく日常を楽しむ心が息づいています。改めてその魅力を紐解けば、お家で過ごす時間が愛おしくなるような空間づくりのヒントが隠されているかもしれません。

あなたもぜひ、心地よく暮らすお部屋づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか。