マンション

マンションの部屋が狭い?インテリアで解決する「広く見せる」5つのポイント

都心のマンションなどは、広さが十分ではない物件も多くあります。でもインテリアの工夫によって、部屋を広く見せることは可能です。今回は、狭いマンションの部屋でも快適に暮らす「広く見せるポイント」をご紹介します。家具やインテリアを検討するときにご参考になさってはいかがでしょうか。

マンションの部屋が狭くても「広く見せる」ことはできる?

狭い部屋では暮らしにくい、そう感じる方は少なくないでしょう。でも最近では、暮らしをミニマムにしてあえて小さな家に暮らすことを選ぶ方もいらっしゃいます。また希望するエリアが都心の場合、希望する広さでは物件が見つからないことも多々ありますよね。

でも、狭いからといって「暮らしにくい」とは限りません。モノが厳選されていることで片づけがラクになったり、近い空間で過ごすことで家族のコミュニケーションが取りやすかったりとメリットもたくさん。また工夫次第では、部屋を広く見せることもできるのです。

これからご紹介するポイントをおさえれば、たとえ狭いマンションでも快適に感じられるのではないでしょうか。

ポイントは5つ。狭い部屋でも部屋を広く見せるには?

1.部屋の広さに合わせてモノの分量を見直す

部屋を広く見せるための事前準備としてやっておきたいのは、「モノの厳選」です。自分の持ち物が部屋の広さに合っているか、改めて確認しながら本当に必要なモノを選び取っていきます。

特に増えてしまいがちなのは、洋服や食器などキッチンまわりのアイテム。引っ越しや模様替えのタイミングで、頻繁に使うモノ、どうしても残したいモノ以外を手放すよいチャンスになるのかもしれません。

今ある食器棚やキッチン収納、クローゼットなどのサイズに合わせてモノを調整していけば、おのずとどのくらいの分量なら残せるのかを把握することができるはずです。

2.できるだけ「背の低い家具」でまとめる

部屋を広く見せるためには、天井が高く見える「低めの家具」で揃えるのがおすすめです。背の高い家具に比べて圧迫感をおさえられるだけでなく、床に近い暮らしになるためくつろげる雰囲気も演出できます。

また床が多く見える「脚付きの家具」を取り入れると、部屋が広く見えます。テレビボードなど大きめの家具を置くときには脚付きを検討してみてはいかがでしょうか。

3.家具のレイアウトを工夫する

部屋の広さ・狭さの印象は、家具のレイアウトが大きく影響します。特にダイニングテーブルやベッド、ソファなどの大型家具のレイアウトを工夫してみましょう。

部屋の入口から見て手前に低い家具、奥に背の高い家具を置くと開放感のある印象に。またできれば家具を壁側に寄せて、部屋の真ん中を大きく空けると広々とした印象になりますよ。

4.ベースカラーを淡い色でまとめる

床や壁、天井など部屋の大きな面積を占める「ベースカラー」を淡い色合いにすると部屋は広く見えます。オフホワイトやアイボリー、明るいベージュなどの内装が理想的です。

カーテンやラグ、ベッドカバーなどもライトな色合いを選ぶのがおすすめ。壁や床、天井の色になじむ色合いなら同化することで実際よりも広く感じさせます。

5.照明は「シーリングライト」に

天井を高く見せることが広さの感じ方にも影響するため、照明は天井に直付けする「シーリングライト」を取り入れるのがよいでしょう。天井と一体感のある照明なら、視線を遮らず開放感を演出できます。

くつろげる部屋にするためには、照明の色や明るさにもこだわりたいところ。シーリングライトのなかにも、リラックス感のあるオレンジがかった暖色系の光を選べたり好みの明るさに調光できたりするタイプもあります。シーンや気分に合わせて調整すれば、より居心地のよい空間になるはずです。

小さくても自分らしく居心地のよい部屋に

広さが十分ではなくても、工夫次第で居心地のよい家にすることはできます。コンパクトだからこそ好みのインテリアを楽しみやすく、掃除がラクになるなどメリットを感じている方も多いよう。あなたもぜひ、ご自分やご家族に合った居心地のよい空間をつくってみてはいかがでしょうか。


PR ご来店はネット予約がオススメ!
PR マイホーム購入の手順がまるわかり!Click >>

" マンション"の記事をもっと見る

"住まい "の記事をもっと見る

ピックアップ Pickup Articles