天神・博多エリアのカフェ5選|おしゃれ&おいしい話題のスイーツが楽しめる

Go!Go!ワンク編集部

|
2021年9月23日 (木)

ここ数年続くカフェブームですがその勢いは止まることなく、福岡でもまだまだ九州初や個性が光る地元店など新たなカフェが誕生しています。今回こちらではGO!GO!ワンク編集部がセレクトした、福岡で話題のカフェを5つご紹介します。ちょっと一息つきたい時や気の合う友だちと、時には自分のご褒美にといろんなシーンで利用してみてください。

1.甘味処たきむら(博多)|京都のオーガニック宇治茶と甘味が味わえる和カフェ

2020年の夏に博多リバレインモールの地下2階にオープンした甘味処たきむら。
希少なオーガニック日本茶と甘味のお店です。
一番人気はテーブルで自分で団子を焼きながら、好みの味で楽しむ「焼き団子」。
薬味はみたらし、きな粉、あんこ、塩、抹茶の中から好きな3種類をセレクトできます。

お茶は全て京都の契約農家で、オーガニックの国際認定機関の厳格な基準のもと有機栽培された希少な宇治茶のみを使用し、さわやかな香りが鼻に抜けます。
団子以外にも、ボリューム満点のかき氷やわらび餅、お抹茶パフェなど、
気になる和スイーツがそろっていますのでそちらもチェックしてくださいね。
(写真 焼き団子セット 1,210円)
https://www.hakata-riverainmall.jp/floor/shop188.html

2.TOFFEE park(西中洲)|老舗豆腐店プロデュースの豆乳カフェ

人気豆腐料理店「三原豆腐店」プロデュースの豆乳カフェ。
ソイラテをはじめ、豆乳ベースのシェイクやソイジェラート、もちもちの豆乳ドーナッツなどヘルシーで美味しいドリンクやスイーツが味わえます。
もちもちの豆乳ドーナッツは弾力のある触感と豆腐の優しい味でリピーター続出とのこと。テラス席もあり、那珂川を眺めながらのんびり過ごせます。

また、ネット注文もできる豆乳チョコは砂糖と生クリーム不使用で通常の生チョコに比べてカロリーが約半分なんだとか。
カロリーが気になる人にも嬉しい生チョコですね。
豆乳好きの人やダイエッターにはたまらないカフェです。(写真 ソイート 650円)
https://miharatofu.jp/

3.ジャン=ポール・エヴァン岩田屋本店(天神)|世界トップクラスのショコラティエのちょっと贅沢なカフェ

世界屈指のショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァン氏の味が福岡で楽しめるのは岩田屋地下2階のここだけ。
店内は上品で大人の気品ある雰囲気です。

宝石のような輝きを放つさまざまなショコラが並んでおり、
一口食べると奥深いカカオの香りが口いっぱいに広がり、一瞬で幸せな気持ちにしてくれます。
自分へのご褒美にいかがですか。
(写真 ドゥジャ ピスターシュ 710円 エスプレッソ 715円)
https://www.jph-japon.co.jp/Page/shop_iwataya.aspx

4.Meiカフェラウンジ(春吉)|九州ではここだけ!愛知県岡崎市ダイワスーパーの「八百屋が作る本気のフルーツサンド」

福岡市地下鉄七隈線「渡辺通」駅から徒歩5分。天神、博多、中洲エリアからも徒歩圏内というアクセス抜群の場所にあるHotel Mei。
1階のカフェラウンジは大きなガラス窓から自然光が差し込み、開放感ある吹き抜けの空間が広がります。カフェ一押しのメニューはフルーツサンド。ショーケースには愛知県岡崎市のダイワスーパーが厳選した、季節の果物をふんだんに使ったフルーツサンドが色鮮やかにずらりと並んでいます。ボリュームがありながらもペロッと食べられる生クリームとフレッシュフルーツの相性は間違いなし。

ドリンクメニューも豊富ですが、チャイティーラテにエスプレッソを加えた話題のダーティーチャイラテもあるのでフルーツサンドと合わせるのもおすすめです。
季節により販売するフルーツサンドが異なるため、最新情報はお店のインスタグラムを要チェック。(写真 フルーツサンド※果物の仕入れにより価格変動あり)https://www.instagram.com/daiwa_hakata/?hl=ja

5.Cafe&Bar CROSS POINT(博多)|JR博多駅から徒歩1分 「NUKUMORI」をテーマにしたアクセス抜群のカフェ

博多駅から徒歩1分の場所にあるオリエンタルホテル福岡 博多ステーション。
こちらで大人気の絞りたてモンブランは、注文をうけてから目の前で絞ってくれるので、これはもうカメラに収めずにはいられません。バレンタインの時期には、バレンタイン仕様になっていてとてもキュートに。(写真参照)
※2021年9・10月は紫芋モンブランを販売中。

珈琲は、マンデリン・コロンビア・ラオスの3種をブレンドしたオリジナルの珈琲豆を使い、フレンチプレス式で抽出し、提供しています。珈琲が持つ素材本来の香りと味を楽しめます。昼はカフェ、夜はBARへと表情を変えるカフェ&バーとなっています。
(写真 搾りたてチョコモンブランドリンクセット 1,500円
https://fukuoka.oriental-hotels.com/cafe/

タグ
  • カフェ