教えて!かけいぼ相談室|老後、安心の一人暮らしに必要な蓄えは、いくら?

教えて!かけいぼ相談室のバナー

相談者

Nさん(福岡県在住)

本人73歳(パート)

Q. 質問

老後、安心の一人暮らしに必要な蓄えは、いくら?

独身で、一人暮らしです。 1994(平成6)年に、1300万円を一括払いで、自宅マンションを購入しました。

現在、パートで週3日勤務しています。健康管理の一環でもあるので、80歳まで働く予定です。

これまで球技など体を動かしてきましたが、趣味の幅を広げたいと思い、描くことが好きなので、絵手紙を始めました。ようやく穏やかに笑って、〝充実した人生を楽しみましょう〟と思った矢先、通院生活が始まり、今も続いています。

大病ではありませんが、体の至る所に不調があり、検査などで医療費が高額になりがちです。年に数回、高額医療の申請も提出していますが、返金があっても、年間10万円以上かかっています。

その上、顔の皮膚トラブルで、医薬化粧品代もかさみ、家計を圧迫しています。

医療費がかさむ生活の中、老後(20年後くらいまでに)、最低でも、いくらくらいの蓄えがあれば、安心と言えるのでしょうか?

一人暮らしなので、貯蓄の保険などのバランスの良い使い方と、家計簿の見直しの点でのアドバイスをよろしくお願いします。

Nさんの家計簿|かけいぼ相談室

A. 回答

家計簿に不安なし。〝一病息災〟で老後は80歳スタート
一時払い終身保険に蓄積されたお金の活用法を、しっかり研究して

健康管理を兼ねたパートで得た収入で、趣味やおしゃれ、お付き合いなどを楽しんでいるのですね。

「一病息災」といって、何か1つぐらい軽い病気にかかっているほうが、より健康に気を使って長生きする、と昔から言われています。Nさんはたくさんの病気と上手に付き合っておられるようで、さすがです。

医療関係費が気になるようですが、家計は黒字でゆとりもあります。2年後には後期高齢者医療制度の適用になりますし、民間の医療保険などにもお入りです。取り立てて、家計簿を見直す必要はありません。

80歳まで働く予定という点もすてきですね。老後は80歳スタートで、無職=夢職、後期高齢者=光輝高麗者の意識で暮らせそうです。

蓄えについては、すでに2866万円も貯めていますね。公的年金で普通に生活していけるので、よほどのことがない限り、心配はいりません。とはいえ、マンションの大規模修繕や室内のリフォームなどでいつ、いくらぐらいを支出する必要があるかを調べ計画しておくと、安心度が高まりますよ。

5口の生命保険(円建ての一時払い終身保険)は、10年以上経過したものもおありとか。予定利率などの条件が今より良い時期に1700万円の保険料を払った結果、時価換算(解約返戻金合計)では2500万円になっているようです。

この保険は、必要に応じて全部または一部を解約し現金化できるほか、解約返戻金を原資に個人年金などに移行できるタイプもあります。活用法を研究することをお薦めします。

相談者募集! 

家計の悩みを解決してもらいませんか

家計簿相談室、相談者募集

あなたの家計も高橋伸子さんにズバッと診断してもらいませんか。

1カ月の収支、家計状況と質問を書いて投稿フォームから応募を。

相談内容(保険、ローンなど)に関するデータは詳しく。

確認のため電話番号は必ず明記してください。

採用者には商品券2,000円分を進呈。

【転載元】「リビング北九州」「リビング熊本」「リビングかごしま」2020年8月22日号掲載

タグ
  • 暮らし