暮らしに役立つ

西日本シティ銀行アプリで投資が可能に!スマホで国内株・米国株などへ投資できます

昨今はネット証券などの普及により、個人での投資も増えていますが、まだまだ「投資は難しそう…」という人も多いのでは?
この度、西日本シティ銀行はCHEER証券株式会社との業務提携により、西日本シティ銀行アプリを通じて国内株・米国株などに投資できるサービスの提供を開始しました。

今回は、CHEER証券 ビジネス企画部長・沖田吉孝さんに、個人での投資、サービスの特徴・使い方などについてうかがいました。

なぜ個人での投資が必要なの?

「貯蓄から投資へ」というスローガンのもと、国も、個人による投資や運用を推進しています。しかし米国や欧州に比べると、日本の個人投資はまだまだという現状です。ではなぜ、貯蓄ではなく投資が必要なのでしょうか。

「人生100年時代」といわれていますが、これは寿命が延びた=長く生きられる、という単純なことではありません。長い人生をよりよく生きるための資産形成、ライフプランの見直しが重要になったということです。

ニュースなどで「老後2000万円問題*」という言葉を聞いたことがあると思います。これは、金融庁が公表した報告書により報道されたもので、公的年金だけで一般的な日常生活を送ろうとすると、65歳以降に30年生きるためには2000万円不足するといわれています。つまり、老後に向けての資産形成を早い時期から始めておく必要があるということです。

*出所:令和元年6月3日 金融審議会市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」 (本報告書は2019年9月に事実上撤回されています)

「老後のことまでイメージが沸かない」という若い世代の方は、まずは現状を考えてみましょう。たとえば子育てにもお金は必要ですが、物価はどんどん上がるのに賃金が上がらない場合、預貯金はなかなか増えません。そうした世の中の動きに対応し、「長期(長い期間で)・分散(リスクを少なく)」という視点での、資産形成が必要になってきます。

投資の第一歩は、あまり大きく重く考えずに、まずは始められる範囲でやってみることです。近年は、証券会社も日常生活の中で手軽に取引できる機能やサービスを拡充しています。

20~40代で株式投資を始める人が増えています*

ここ最近、株式投資の方法は、証券会社の窓口で行う対面式での取引だけでなく、パソコンやスマホなど身近なツールを使ったオンラインでの取引も一般的になっています。

対面式の場合は証券会社の担当者としっかり話すことができる反面、窓口の営業時間が決まっているため、取引できる時間が限られてしまいます。その点オンラインなら、通勤中やちょっとした休憩時間など、自分のライフスタイルに合せて好きな時間に取引できるのが利点です。

実際、20~40代において投資用の口座開設が増加しており、当社(CHEER証券)でも、20歳から40歳までのお客様が7割を占めています。投資は、成人すれば親権者の同意なく口座開設および取引が可能なので、最近は投資を始めている大学生もいますし、2022年4月からは高校の授業において、投資などを学ぶ金融教育もスタートしました。

ネット証券やスマホ証券は少額から投資できることが特徴で、この点も、若い世代にとって取引しやすくなっている理由といえます。

*参考:一般社団法人 投資信託協会 広報部 調査広報室 調査広報室レポート
「日本の若年層の資産形成−日本の世代間格差と若年層の世代内投資意識格差−」

スマホで簡単!西日本シティ銀行アプリで株式投資を始めるには?

この度、CHEER証券との業務提携によりスタートした西日本シティ銀行アプリを通じての株式投資も、スマホを使って手軽に投資ができる新しいサービスです。

500円(ワンコイン)から投資できます

投資について「専門的な知識がないから心配」と、不安な方も多いと思います。しかし1つの企業に多額の投資をするとリスクも大きいですが、いくつかの銘柄に分けて投資することで、リスクを分散することができます。

CHEER証券の投資は500円から始められるので、少しの資金で幅広い業種に分散投資でき、リスクを分散できるというわけです。

米国株式・米国ETFが24時間365日いつでも取引できます*

また、国内株式だけでなく米国株への投資もできますので、国の分散も可能です。「どの企業にどう投資したらいいか分からない」と、個別銘柄への投資が不安な場合は、市場全体に投資することでリスクを分散するという考え方もあります。西日本シティ銀行アプリを通じては、アメリカの代表的な株価指数「S&P500」に連動した米国ETFにも、500円から投資が可能です。

また、24時間・365日いつでもどこでも利用できるので、ライフスタイルに合わせた時間帯に取引することができ、自分にあったペースで取引を始められます。

*システムメンテナンスを除きます。
*CHEER証券が取扱う米国株式等取引は、国内店頭取引です。

シンプルで使いやすい操作画面で口座開設もスピーディ!*

西日本シティ銀行アプリのトップ画面にあるアイコンから、CHEER証券の口座を開設することで、利用が開始できます。スマホで口座開設が完結するので、面倒な書面送付などが不要、今すぐお申込みができ、最短当日で口座開設ができます。直感的でシンプルな画面により、見たいページに素早くアクセスでき、どこにいても簡単操作で取引が可能です。

CHEER証券に口座開設いただくと、シングルサインオン(注)でCHEER証券のWEBサイトにログインし、すぐに取引できます。

*状況によっては手続き完了までに数日かかる場合があります。
(注)シングルサインオンとは、1度のユーザー認証によって複数のアプリやクラウドサービスの利用が可能になる仕組みのことです。

市場動向や注目企業の情報がわかる

▲CHEER証券の公式サイトイメージ

CHEER証券で口座開設すると、公式サイトに掲載されている、個別銘柄や株主優待などの記事・レポートなどを読むことができます。「どんな企業が注目されているの?」「市場の話題は?」など、取引の際に参考にすることができます。

まとめ

スマホを使った日常生活での株式投資が、長い人生をより良く生きるための資産形成の第一歩になるはずです。投資先についても最初は難しく考えずに、まずは生活で使っているものや身近なサービスなどを提供する企業などから、始めてみると良いでしょう。西日本シティ銀行アプリで、株式投資を始めてみませんか。

CHEER証券のご利用は
西日本シティ銀行アプリから!

 
※ご利用にはアプリダウンロード後、口座登録・ワンタイムパスワードの設定が必要です。
※よくある質問はこちら

■お話を伺ったのは・・・
CHEER証券株式会社 ビジネス企画部長 沖田吉孝さん
東海東京証券株式会社にてリテール営業・日本国債ディーラー業務・市場部門の企画管理業務に従事。その後東海東京フィナンシャル・グループのスマホ専業証券事業(現在のCHEER証券)立ち上げに参画、2022年より現職。

※本記事に掲載の内容は、CHEER証券株式会社からの情報提供をもとに編集したものです。
※西日本シティ銀行が特定の金融商品を推奨するものではありません。

【金融商品仲介に関するご留意事項】
● 西日本シティ銀行はCHEER証券を委託金融商品取引業者として、お客さまの証券口座の開設、有価証券のお取引について勧誘や仲介を行います。
● 金融商品仲介による証券口座の開設ならびに当該口座を通じて行われる有価証券のお取引は、お客さまとCHEER証券とのお取引となります。また、お取引により発生する利益および損失は全てお客さまに帰属します。
● 金融商品仲介業務において、西日本シティ銀行は媒介業務を行うものであり、委託金融商品取引業者の代理行為を行うものではありません。
● 金融商品仲介によりお取引いただく有価証券は、預金保険制度の対象ではありません。また、預金と異なり、お取引いただく有価証券は全て元本の保証はありません。
● 西日本シティ銀行が「CHEER証券」をご案内することは、CHEER証券を通じたお取引のみを推奨するものではございません。また、後述のご同意の有無、および、CHEER証券とのお取引の有無が、お客さまの西日本シティ銀行における他のお取引に影響を与えることはございません。
● お取引に際しては、手数料等がかかる場合があります。委託金融商品取引業者によって、取扱商品・手数料等が異なり、また、同じ商品であっても、店頭・インターネットなど、取引方法、取引チャネル等のお申込方法によって、手数料等が異なる場合があります。
● 金融商品仲介によりお取引いただいた有価証券は委託金融商品取引業者が保護預りし、分別保管されますので、委託金融商品取引業者の整理・処分等に流用されることはありません。万一、委託金融商品取引業者の破綻時に何らかの事由によりお客さまの資産が破綻した場合には、投資者保護基金により、おひとりあたり1,000万円までが保護されます。
● 各商品等には価格等の変動等による損失が生じるおそれがあります。手数料等およびリスクは、商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。

<金融商品仲介を行う登録金融機関>
株式会社西日本シティ銀行
登録金融機関:福岡財務支局長(登金)第6号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

<CHEER証券の概要>
社名:CHEER証券株式会社
代表者:代表取締役社長 小林 伸行
本店所在地:東京都中央区新川一丁目17番21号
登録番号:関東財務局(金商)第3299号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
事業内容:金融商品取引業
資本金:1億円
設立年月日:2019年11月8日
開業日:2022年3月4日
株主:東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 100%

PR ご来店はネット予約がオススメ!
PR

" 暮らしに役立つ"の記事をもっと見る

"お金のいろいろ "の記事をもっと見る