金糸モンブラン専門店「香菓 かぐのこのみ」太宰府天満宮参道にオープン。

太宰府天満宮参道にオープンした話題の金糸モンブラン専門店「香菓 かぐのこのみ」。2020年12月25日のオープン以来3日で1000人を超える人が来店したという人気のお店をご紹介します。取材の日も女子同士やカップル、家族連れなど幅広い層の人が金糸モンブランを求めて次々に来店していました。

熊本の和栗+大名ソフトクリーム+ヴィザヴィのメレンゲ

早速、お目当の金糸モンブランをオーダー。目の前で栗ペーストを搾ってくれるのです。撮らざるにはいられないこのフォルム。たっぷりふわふわの金糸モンブランに包まれているのはソフトクリームとメレンゲです。栗は熊本名産の和栗、ソフトクリームは東京渋谷にも店舗がある人気の大名ソフトクリーム、メレンゲはスウィーツ界では老舗店といってもいいヴィザヴィで作られています。

ちょっと食べるのがもったいないですが、いただきま〜す!。栗の香りを楽しみつつ、繊細で搾りたての金糸モンブランは舌触りがまろやかで、口の中では濃厚&ミルキーなソフトクリームと相まって、しっとりふわっと溶ける感じがたまりません。下にあるメレンゲはサックとした食感と香ばしさがアクセントになっていて新しい美味しさが楽しめます。

「かぐのこのみ」店名はお菓子の神様から。

「香菓」と書いて「かぐのこのみ」という店名。実は太宰府天満宮にはお菓子の神様が祀られているって知っていましたか?

学問の神様として菅原道真公を祀っていることで全国でも有名な太宰府天満宮ですが、回廊東側に中島神社というお菓子の神様、田道間守命(たじまもりのみこと)が祀られているのです。

古事記や日本書記によると、田道間守命は第十一代垂仁(すいにん)天皇から、時を選ばず(非時)香る果実「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」を探すように命を受け旅にでました。

10年の時を経てようやくその実を持ち帰ったのですが、残念ながら垂仁天皇は1年前に崩御されていて田道間守命は大変な悲しみのすえ亡くなってしまいました。田道間守命の苦労を厭わず、目的のために努力する姿、天皇への忠誠心により故郷の但馬国(兵庫県豊岡市)に中島神社として祀られたとのこと。田道間守命の持ち帰った実は「橘」と記されていたそう。

当時果物は「菓」と呼ばれていて、菓子の起源とも伝えられる「非時香菓」を持ち帰った田道間守命は菓祖として崇められてきました。昭和29年には菓子業に携わる人たちの希望で文化の聖地の太宰府天満宮境内に九州分社として創建されたとのことです。  

店名の秘話をオーナー津島清次さんから。

ラッキーにも取材当日は「香菓」オーナーの津島清次さんに直接お話を伺うことができました。

津島さんは、まだ店名が決まっていなかった昨年11月のある日、太宰府天満宮へお参りに行きましたが、その時はすでに閉門時間だったのだそう。

どうしたものかと何気なく門外の天満宮右の回廊に回ったところに小さな神社を見つけ、由来板を見るとなんとお菓子の神様とのこと。文中にある「香菓(かぐのこのみ)」の文字にすっと心惹かれ「店の名前にしたい!」と閃き、すぐに太宰府天満宮にお願いに行って無事承諾され命名できたのだとか。

「あの時、天満宮が閉まっていなかったら、回廊を回っていなかったらと、導かれたような不思議な出会いでした」と津島さん。

人気金糸モンブラン専門店は、おにぎり屋さんだったかも!

津島清次さんは株式会社シークスの代表。実は飲食業界で創業52年、これまで19軒の飲食店を手がけた影の仕掛け人で、福岡市中央区今泉、東区土井、春日市、那珂川市に店舗を持つ創業35年の洋菓子店VISAVIS(ヴィザヴィ)のオーナーでもあるのです。

全国各地へ自ら足を運び、常に新しい情報にアンテナを張っています。「太宰府天満宮では、はじめおにぎり屋さんをするつもりだったんですよ。参道のお店の人たちもご飯ものがいいって言われていたので、一生懸命おにぎりを研究していたんです。そんな昨年9月に愛知県で偶然出会ったモンブランの店。直感から、おにぎり屋さんから急転換モンブランにしょうと決めたんよねぇ」。

大名ソフトも、その存在を知るや社長自らお店に電話をしてコラボの相談をしたのだそう。「全然接点はなかったんだけど、味わいに深みがあるクリームがいい!って電話しました。あつかましいでしょ(笑)」

あまおうモンブランは季節限定

「香菓」誕生秘話を気さくに話してくださる津島さん、ますます気になるスポットになりました。人気の金糸モンブランと期間限定のあまおうモンブラン、今はさらに夏向けの新商品を思考中とのこと、まさに「非時」時を選ばない「香菓」が楽しめそうですね。

「香菓 かぐのこのみ」FB https://www.facebook.com/kagunokonomi.dazaifu/

VISAVIS e-VISAVIS.com

タグ
  • グルメ