教えて!かけいぼ相談室|障害のある子どもとの老後、貯蓄は十分足りる?

教えて!かけいぼ相談室

相談者

Oさんの家計簿(福岡県在住)
本人41歳(看護師)、長男7歳

Q. 質問

障害のある子どもとの老後、貯蓄は十分足りる?

今年小学1年生になる子どもと2人暮らしです。
子どもが1歳半の時から別居、2年前に離婚しました。

子どもに難聴があり、知的発達もゆっくりであるため、育休を3年取得し、復帰後は夜勤を免除してもらって仕事をしています。

土・日曜・祝日に仕事をすることもあり、県外の実母に来てもらい、子どもの世話を依頼することがあります。子守り謝礼は、母の交通費や食事代などです。
ただ、元気な母の生活も大切に考えたいので、今は来てもらう回数を減らし、それ以外はショートステイを利用しています。

母からはサポートがしやすい地元に帰ってきたら、と言われていますが、子どもの教育環境と、私の仕事のことを考えると、課題があります。

自分の老後と子どものために今後、どれくらい貯蓄があれば良いのか、また、地元へ戻って生活した場合、現在の貯えで老後まで対応できるか知りたいです。

とりあえず、子どもと関わる時間が欲しいので転職を考えていますが、給料が10~15万円減少が予想され、2000万円以下で家を購入することが可能かどうかも、教えてください。

A. 回答

家計管理は完璧、極端な収支悪化は避けた転職を

利用の金融機関はこれ以上増やさず、住宅取得は慎重に

さまざまな苦難にへこたれず、前向きに暮らしている様子が目に浮かびます。お子さんの教育・生活環境を何よりも優先、というスタンスですね。

当面は今の地域に住み、お子さんと関わる時間を増やすために、転職も検討中とのこと。コロナ禍で通学できず、認可外保育園等の利用で養育関係の負担が重いようです。減収とそれらの費用減が見合う転職をめざし、極端な収支悪化は避けましょう。

将来的にはご実家近くへの転居、マイホーム取得も視野に入れていて、長期的に持ちこたえられる貯蓄レベルかを知りたいようです。

離婚時に受け取った慰謝料等は、別居時の生活費補てんや裁判費用に消えたとか…。現在の貯蓄(約4500万円)は独身時代に貯め、投資信託で殖やしたもの、とは驚きました。

若い時から稼ぐ力や運用力を磨き、貯蓄・保険・投資一覧表を作って、定期的にアップデートするなど、家計管理も完璧に近いです。

しかも70歳まで働く予定だそうですから、よほどのことが起きない限り、経済的に困る事態にはならないと思われます。

ただし、住宅取得は慎重にすべき。Oさんの場合、持ち家は移動の自由を縛り、維持管理が必要で、容易には換金できないことなど、先々のことも考えください。

ご利用の金融機関をこれ以上増やさないことも大切です。生命保険だけでもなんと10社!  あなたは確実に給付請求できるかもしれませんが、お子さんや後見人に、過度の負担にならないよう気をつけましょう。

生活経済ジャーナリスト。長年にわたり国の各種審議会委員を歴任。消費者の声を国や企業に届ける活動にも注力。

相談者募集! 

家計の悩みを解決してもらいませんか

かけいぼ相談室 相談者大募集!採用者には商品券2000円分をプレゼント

あなたの家計も高橋伸子さんにズバッと診断してもらいませんか。
1カ月の収支、家計状況と質問を書いて投稿フォームから応募を。
相談内容(保険、ローンなど)に関するデータは詳しく。
確認のため電話番号は必ず明記してください。

採用者には商品券2000円分を進呈。

転載元「リビング北九州・熊本・鹿児島」2020年9月26日号掲載

タグ
  • 暮らし