暮らしに役立つ

【プレミアム20%】ネクスペイ第2弾の抽選申込みがスタート!【FUKUOKA NEXT Pay│電子商品券】

ネクスペイとは、2021年7月30日にスタートしたプレミアム付電子商品券「FUKUOKA NEXT Pay」の略称です。福岡市内の消費喚起や地域経済の活性化を目的に、福岡商工会議所・早良商工会・志賀商工会が発行し大好評となり利用した人も多いのではないでしょうか?

このネクスペイ、好評の声を受けて第2弾の実施が決定しました!

第2弾の抽選申し込みは2022年2月4日からスタートし、2022年3月1日から2022年7月31日まで利用可能です。

本記事では「ネクスペイ」の概要について解説するとともに、購入方法や使用期間、使えるお店について解説します。

「ネクスペイ(FUKUOKA NEXT Pay)」とは?

ネクスペイは、市内約6,000の登録店舗に設置されたコードをスマートフォンで読み取り、決済する電子商品券です。1口5,000円購入した電子商品券で、6,000円分の買い物ができます。つまり、20%のプレミアム(割増金)が付いてくる、とてもお得な電子商品券です。

西日本シティ銀行は、福岡銀行・みずほ銀行とともに本事業に参画しており、商品券の発行・換金業務や利用可能店舗の開拓、事業者や市民への周知・問い合わせ対応等事務局業務を行います。

「ネクスペイ」の特徴

特徴1.│プレミアム率が20%と高還元率

「ネクスペイ」最大の特徴はプレミアム率の高さです。プレミアム率が20%なので、例えば12,000円分の電子商品券を10,000円で購入できます。

一人あたりの購入可能金額は購入単位5,000円、購入上限50,000円まで(プレミアム分を除く)です。

したがって、最大で10,000円分お得に利用できます(60,000円分の電子商品券を50,000円で購入可能)。

特徴2.│スマホでかんたん、QRコードで使用できる

紙の商品券の場合、自宅に置き忘れてしまったり、いざ使おうと思ったときに見つけられなかったり、紛失・破損してしまったりと、さまざまなリスクがあります。

「ネクスペイ」の場合、そういった心配がありません。

なぜなら、「ネクスペイ」はスマホを用いたQRコード決済だからです。各種電子決済サービスと同じように、登録店舗に設置しているQRコードを読み込んでお支払いできます。

特徴3.│1円単位で使用できる

紙の商品券の場合はおつりが出ないケースが多いでしょう。

おつりを無駄にしたくない思いから、紙面記載の金額を超えるために予定していなかった買い物をした、という経験がある人もいるのではないでしょうか?

「ネクスペイ」の場合、電子商品券ですので1円単位でお支払いに使用できます。

「ネクスペイ」の購入方法は?いつから購入可能?

「ネクスペイ」の購入機会は3回あります。

第1回販売
(抽選販売)

応募資格:福岡市在住の方

抽選申込期間:2022年2月4日(金)午前9時~2月17日(木)正午まで

第2回販売
(抽選販売)

応募資格:居住制限なし

抽選申込期間:2022年3月7日(月)午前9時~3月18日(金)まで

第3回販売
(先着順)

応募資格:第1回、第2回販売落選者(住居地制限なし)
※不正申込者は除外

販売期間:2022年4月18日(月)午前9時~完売まで

※第1回及び第2回販売において当選者が購入上限額まで購入しなかった分、及び、購入手続き後も指定期間内に入金しなかった分を完売まで販売するものです   
※第3回販売の決済手段は、即時決済となるクレジットカード限定となりますのでご注意ください

購入方法
(共通)

・クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、AMEX)
・コンビニエンスストア(現金)
・Pay-easy(一部の金融機関ATM、インターネットバンキング)

購入条件

購入単位5,000円、購入上限50,000円まで

※購入上限額にはプレミアム分を含みません  
※QRコード読み取り機能付のスマートフォンをお持ちの方 SMSによる電話番号認証が可能な方

使用方法

・スマートフォンによる決済(1円単位で支払い)
・登録店に設置してあるQRコードをお客様がスマホアプリで読み取るユーザースキャン方式払い戻し・換金不可                             
利用可能な期間
2022年3月1日(火)~2022年7月31日(日)
※2022年8月1日以降使用できません ※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

対象店舗

福岡市内の登録店舗

※一部対象外となる商品・サービスがあります

「ネクスペイ」はいつからいつまで使える?サポートはある?

「ネクスペイ」の利用期間はいつからいつまで?

利用開始日は2022年3月1日(火)、利用終了日は2022年7月31日(日)です。

「ネクスペイ」に関するサポートは?

ネクスペイの購入には、スマホでの登録・購入手続きが必要です。操作に不安がある人には、コールセンターで操作方法を案内するほか、ソフトバンクショップ・ワイモバイルショップの対面サポート取扱店舗でFUKUOKA NEXT Pay(ネクスペイ)の操作方法の説明を行います(予約制)。

ソフトバンク以外のスマホを使っている人も利用可能です。予約方法は、ホームページで確認するか、FUKUOKA NEXT Pay事務局:コールセンター(0120-197-959 全日9:00~19:00土・日・祝含む)にお問い合わせください。

【利用者向け】「ネクスペイ」まとめ

福岡市内の消費喚起・経済の活性化および新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴うキャッシュレス化推進を目的に発行される、プレミアム付電子商品券「ネクスペイ」。20%お得で、利用できる店舗も多く、1円単位で無駄なく使える電子商品券。この機会に利用してはいかがでしょうか。

「ネクスペイ」に関するお問合せ先

■ FUKUOKA NEXT Pay 事務局
HP:https://f-nexpay2.dx-ticket.jp
コールセンター:0120-197-959
 [受付時間]9:00~19:00(土日祝・年末年始含む)
 [開設期間]1月17日〜8月5日

PR ご来店はネット予約がオススメ!
PR マイホーム購入の手順がまるわかり!Click >>

" 暮らしに役立つ"の記事をもっと見る

"お金のいろいろ "の記事をもっと見る

続きを読む >
New NEW
続きを読む >

教えて!かけいぼ相談室|保険をかけすぎ? 支出を引き締めるならどこ?

日々の家計簿はあまり節約には役立っていないのですが、一昨年からコロナの影響でレジャー・外食費が減ったことと、目的別貯蓄を始めたことで、節約と貯蓄がいつもよりも多くできたように思います。  増収や退職金があまり期待できないため、老後資金がとても心配です。そのための個人年金等の保険を増やした方がいいでしょうか。貯蓄目的のための保険を多くかけていますが、他の家庭に比べて保険料の比率が高く、これでよいのか悩んでいます。  また、現在築33年の中古住宅に住んでいるため、今後修繕費がいろいろかかってくること、子どもの成長に伴い教育費や食費等が増えることが心配です。  支出が多く、収入のわりには豊かさやゆとりをあまり感じません。また、夫の給料のわりに、夫にあまり還元もしてあげられていない気がします。一見貯蓄があるように見えますが、目的別にみるとそこまで余裕はないと思っています。  月の支出を抑えて目的別貯金(手元資金、老後資金、家の修繕費)を増やしたいのですが、これ以上余裕がありません。どこを引き締めたらよいのでしょうか?

2022.04.25

ピックアップ Pickup Articles