福岡~釜山を結ぶ新客船 「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」に試乗!

Go!Go!ワンク編集部

|
2020年11月24日 (火)
JR九州の新型高速客船「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」に潜入

ひときわ目を惹く真っ赤な流線形のフォルム、JR九州の新型高速客船「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」が2020年10月15日、博多港に到着しました。11月24日に開催された試乗会に、「Go!Go!ワンク編集部」も参加。おすすめの座席や小さなお子さんのいる家族におすすめのポイントなどをご紹介します。

日韓航路はコロナ禍の影響で2020年3月9日より全面運休となっており、再開の目途がたっていませんが、コロナを克服した際はぜひ乗船してみてください。

でかい!かっこいい!斬新な外観の新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」

オーストラリアのパースからやってきた新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」。まず驚かされたのがその大きさです。これまでのビートルは全長27.4m、定員191名でしたが、新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」は、全長83.5m、定員は502名と、かなり大型化しています。世界初の80m級のトリマラン(三胴船)、その存在感は絶大です。

世界初の80m級のトリマラン(三胴船)「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」は、全長83.5m、定員は502名

新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」のコンセプトは「移動そのものを楽しむ」こと

航空機との一番の違いは、移動時間そのものを楽しめること。
乗船して最初の感想は、「広い!ホテルのラウンジみたい」。船内は、自由に歩き回ることができ、飛行機と違ってシートベルトもいりません。

展望室から海を眺めたり、デッキで海風を感じることもできます。キオスクで生ビールを買って、デッキで一杯!きっと最高の気分ですね。

完成した新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」のデッキ
新型高速船「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の展望シート
新型高速船「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」で提供されるちらし寿司 旅の思い出を彩る

船内には免税店もあってショッピングも楽しめます。このネクタイ、会社にして行ったら怒られるかなぁ・・・。これなら、3時間40分の船旅もきっと短いと感じるはずです。

新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の免税店 
新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」で販売中のネクタイ

新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」のおすすめ座席は?

おすすめ座席①:スタンダードクラス席

スタンダードクラス席でも座席の間隔(シートピット)は104cmとゆったりとした間隔が確保されています。
グループや家族向きの4人用コンパートメントもあります。座席にUSB電源があるのもうれしい心配りですね。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」のスタンダードクラス(客席)
「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の客席(4人席)

おすすめの座席は、ズバリ前方の1人用シート(左側が25B・26B、25Y・26Y)。前にも横にも視界が開けていて、特等席になっています。そのすぐ後ろの27の二人席は窓がないので注意が必要です。その他はやはり海が眺められる窓側の席がよさそうです。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の客席(1人用シート)
「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の客席(2人用シート)

おすすめ座席②:ビジネスクラス席

ビジネスクラスの座席は「客室A」と「客室B」の2タイプあります。シートピッチは140cmのゆったりスペースでくつろげます。座席に包み込まれる感じは、飛行機のファーストクラスそのもの。想像以上の心地よさでした。
おすすめは前方の「客室B」。特に2列目以降の窓側がおすすめです。また、真ん中の後ろの方の席も全体の解放感が感じられて気持ち良い席になっています。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の客席(ビジネスクラス 2人用シート)
「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の客席(ビジネスクラス 2人用シート)

コックピットのような「客室A」の方は、ちょっと圧迫感を感じました。但し、旅行帰りにゆっくり休みたい人や船内でもバリバリ仕事したい人はこちらの方が過ごしやすいかもしれません。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の客席(客室A  2人用シート)
「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の客席(客室A  2人用シート)

ビジネスクラスには専用の展望スペースやパウダールームも用意されています。パウダールームは、なんと3色の光を自分で選べるようになっています。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」のパウダールーム

日韓の老舗店舗監修のこだわりの軽食やスイーツも提供されるとのこと。こちらも楽しみですね!

船内のいたるところに「水戸岡デザイン」

新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」は、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」や新幹線800系などを手掛けた水戸岡 鋭治(みとおか えいじ)氏のデザイン。船内はいたるところに水戸岡先生の作品が飾られており、これを1つ1つ見て回るだけでも十分楽しめます。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の船内に飾られた水戸岡デザイン
「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の船内に飾られた水戸岡デザイン

小さな子ども連れにもオススメできる3つのポイント

新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」は、小さなお子さんのいる家族にもうれしいサービスがいっぱい!これまで、「子どもが小さくて海外旅行はできない・・・」とあきらめていた人も、国内旅行感覚で韓国へ旅行ができるようになること間違いなしです。小さな子ども連れにおすすめのポイントを3つご紹介します。

POINT①:キッズルームや授乳室が完備

こちらのキッズルームでは子どもたちが元気に遊ぶことができます。JR九州のD&S列車「あそぼーい!」のきっず車両を思い出しました。授乳室があるのは子育て中のお母さんにもやさしいサービスです。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の船内のオシャレなキッズルーム
「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の船内の授乳室

POINT②:ベビーバギーでらくらく上がれるバリアフリー設計

ご覧のように、乗船時も、上階に行くときも、スロープで移動することができます。船内の空間もゆったりとしていますので、ベビーバギーでもらくらく移動できます。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」はバリアフリー設計で子ども連れにも優しいデザイン
「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」はバリアフリー設計で子ども連れにも優しいデザイン

POINT③:子どもが泣いたら、海風にあたろう

狭くて窮屈な飛行機の中で、赤ちゃんが泣き止まないと、お母さんは気を使ってしまいますよね。新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」ならそんな心配はご無用。気分を変えて海風にあたれば、きっとお子さんも、すやすやと眠りにつくことでしょう。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」のデッキで子どもと一緒に風に当たろう
「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」のデッキで家族で海を眺めよう

新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の船内には、なんと自転車専用置場も!

今回の試乗で一番驚かされれたのが、この自転車置き場。サイクリング好きの方にはうれしいサービスですよね。異国を自分の自転車で旅するなんて最高じゃないですか!これまで経験できなかった新しい旅の形も生まれることでしょう。

「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」の自転車置場 異国を自分の自転車で旅する夢も実現!?

まとめ

いかがでしたか?
新型「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」は移動そのものを楽しむ工夫がたくさん。そして、子育てママにもうれしいサービスがいっぱいです。今は、我慢のときですが、いつかきっとコロナ克服のシンボルとして日韓交流に貢献してくれることでしょう。

JR九州高速船の公式Twitterでは、QUEEN BEETLEオリジナルグッズ(トートバッグやオリジナルピンズ等)が当たるフォロー&リツイートキャンペーン(2020年12月31日まで)も実施されています。こちらもぜひご応募ください!

⇒ QUEEN BEETLE 公式サイト

⇒ JR九州高速船ツイッター

タグ
  • 子育て