続きを読む >
#創業応援

売上原価とはどんな意味?計算方法や内訳、製造原価との違いが丸わかり

「売上原価」は損益計算書に記載されるもので、利益に大きく関わる勘定科目です。しかし、計算の仕方や言葉の意味を理解するのが難しいという人も多いのではないでしょうか。この記事では、売上原価の意味や計算方法、製造原価との違いなどについてわかりやすく解説します。

続きを読む >
#創業応援

高卒フリーターから福岡で起業。やり抜く覚悟が動かす信念 | トイポ 村岡拓也さん

2020年11月26日に開催されたスタートアップのピッチイベント『Startup Go!Go!』。7回目を迎えた同イベントは初のオンライン開催ということもあり、国内外から約40社が集い大盛況のうちに幕を閉じました。そんな中、同イベントにて西日本フィナンシャルグループのスポンサー賞を獲得したのが今回お話しを伺った株式会社トイポの村岡拓也さん。2019年の当時22歳という若さで起業した背景には、華々しい経歴があるのでは?と思っていたところ、起業するまでは高卒のフリーターだったとのこと。そんな村岡さんが起業した経緯や目標、ぜひご覧ください。

続きを読む >
#創業応援

ファクタリングとはどんな仕組み?サービスの特徴から利用方法、注意点まで解説

経営者のなかには、売掛金の回収に頭を悩ませている人も多くいるのではないでしょうか。その悩みは「ファクタリング」を利用することで解決できるかもしれません。今回は、ファクタリングの仕組みやメリット・デメリット、注意点や利用方法についてわかりやすく解説していきます。

続きを読む >
#創業応援

【2021年度新設】子育て支援を行う中小企業への補助金制度とは?仕組み・受給条件を総まとめ

男性の政治家や著名人が率先して育休を取るなど、夫婦で協力して子育てを行うスタイルを見聞きすることも増えてきました。同時に、育児休暇をはじめとした給与所得者の子育てに関する支援は、近年幅広くなっています。本記事では、2021年(令和3年)度に新設される新しい子育て支援についてまとめていきます。

続きを読む >
#創業応援

子育て支援を促すくるみんマークとは?認定基準や申請方法、認定を受けるメリットを確認しよう

子育て支援につながる「くるみんマーク」をご存じでしょうか。くるみんマークは、働きながら子どもを育てる従業員に対してサポートを行う企業の証です。本記事ではくるみんマークの制度の内容や認定基準、申請などについてまとめていきます。

続きを読む >
#創業応援

「接待交際費の5000円基準」とは?損金算入のルール・会議費との違いetc.を総まとめ

接待交際費は企業活動に不可欠なものといえますが、無制限に経費として認めてしまうと、無駄遣いを見逃してしまう可能性があります。そのため、税法上では一定の範囲でしか経費として認めない「5000円基準」が定められています。この記事では、5000円基準のルールや、接待交際費と会議費の違いについて解説します。

続きを読む >
#創業応援

社会貢献領域で仕事を増やし、地域に恩返しを。| YOUI 原口唯さん

ソーシャルビジネス、オープンイノベーション、デザインシンキング、SDGs―。世界のトレンドともいえる分野である一方、これらの言葉になじみのない人も多いかもしれません。今回の主役・原口唯さんは福岡を拠点に、これらを含むフィールドで新たな社会価値を提案するコンサルティング会社YOUIを経営されています。大学生のときの"内定切り"に始まり、悩み考え行動しながら切り拓いてきたキャリアの軌跡や起業にまつわる話を、ざっくばらんにお話してくれました。

続きを読む >
#創業応援

結婚相談所を独立開業したい人必見! 起業する前に知っておきたいポイントを解説

「結婚したいけれど良い相手と出会えない」という人のために、結婚相談所の果たす役割は大きくなっています。結婚相談所は独立開業しやすく、自分のペースで進められる点も魅力です。本記事では、結婚相談所の開業方法や、事業を成功に導くポイントについて説明します。起業を考えている人は参考にしてください。

続きを読む >
#創業応援

【求人】「塩」を軸に幅広い事業を展開。「またいちの塩」で知られる新三郎商店株式会社がスタッフを募集!

福岡市の中心部から車で西に向かうこと約1時間の場所。名前の如く、糸島半島の突端(とったん)に位置する『工房とったん』。海水から塩を作る昔ながらの「自然海塩」が作られている製塩所です。今でこそ、イギリスの情報誌「MONOCLE(モノクル)」が実施した『輝く小さな街』の2021年ランキングで世界3位に選ばれるなど、注目のまちとなった糸島市ですが、約20年前、新三郎商店株式会社の代表の平川秀一さんはたった1人でこの地を開墾し、塩づくりをスタートさせました。 "おいしい塩"を追求する日々。そんな中で、ひとりふたりとスタッフが増え、オリジナルの自然海塩「またいちの塩」の製造だけではなく、実際に塩を使った料理がいただける『イタル』や『sumi cafe』などがオープン。現在は約70人のスタッフを抱えるまでに成長しました。 しかし、まだまだ人手が足りないとのこと。どんな人材を募集しているのか、代表の平川さんにうかがいました。

続きを読む >
#創業応援

【おしえて!ヒロセくん】お金の増やし方編 ―投資って怖くない?―

これまで馴染みのなかった金融用語や事柄をわかりやすくお伝えする「おしえて!ヒロセくん」。金融業界にまつわる用語や事柄を教えてもらうコーナーです。

最初
前へ